menu
Social media

法律・マネー

ROEとM&Aの関係性ってあるの?

Cover f93ce29e d74f 4621 877c 02ba7616d198

 企業の成果を評価するにあたって頻繁に利用される財務指標として、ROEがあります。ここ数年でROEを重視する企業が非常に多くなってきましたが、実際にROEを使ってどのように経営状況の良否を判断すればよいのでしょうか。

 今回は、M&A巧者で高ROE企業として知られるソフトバンクやRIZAP(ライザップ)を例に挙げ、同じ高ROEの企業にどのような共通点や相違点があるのか分析してみたいと思います。

 分析対象として挙げたのは、以下の3つの企業です。
<9984>ソフトバンクグループ㈱
<3092>㈱スタートトゥデイ
<2928>RIZAPグループ㈱

 まず前提として、ROEは自己資本利益率を指し、少ない自己資本で多くの純利益を出すほどROEは向上します。しかし、ROEは単に自己資本利益率として考えるだけでなく、各要素ごとに分解して考えることでより有用性が増すといわれています。よく財務分析において利用されるのが、ROEを以下のように分解する方法です。

 上記3つの会社について、2017年3月期の財務数値を用いてROEを分解してみると以下のようになります。

各社17/3期の有価証券報告書より

(総資本及び自己資本は、過去2年を平均値を用いており、また、自己資本は非支配株主持分を除いています。)

 多くの日本企業がROE8%前後の達成を目標として日々経営努力をしている中で、上記3社のROEは非常に高い水準となっています。しかしROEを分解してみると、それぞれにROEの高い要因が異なっており、面白い結果となっています。

ソフトバンクが高ROEなのはM&Aをしているから?

 まず、ソフトバンク<9984>は当期純利益ももちろん高いのですが、7.3倍という高い財務レバレッジが、高ROEの実現に最も寄与していることが分かります。ソフトバンクは年間売上高が10兆円近くある超巨大企業であるにも関わらず、将来有望な企業に対する投資を非常に積極的に行っていますが、その投資額も数兆円を超える莫大な規模であるため、自己資本による資金調達を行おうと思うとかなり大変です。

 公募増資を行うにしても、数兆円を集めるのは容易ではなく、また、特定の投資家に第三者割当を実施してしまうと、既存株主に希薄化が生じたり、株主構成が大きく変わることも考えられます。そのため、高い財務レバレッジは、安全性が不十分ではないかという疑念を持たれやすい一方で、財務レバレッジが高い合理的な理由が存在するのであれば、それはむしろ潜在的な成長性があるとして高評価に捉えることができるのです。

経営分析

関連のM&Aニュース

NEW! RIZAPグループ<2928>、TOBと第三者割当増資でワンダーコーポレーション<3344>を買収

RIZAPグループ<2928>、スポーツ用品販売会社を買収へ

RIZAPグループ<2928>、エス・ワイ・エス及び五輪パッキングを子会社化

RIZAPグループ<2928>、エス・ワイ・エス及び五輪パッキングを子会社化

RIZAPグループ<2928>、第三者割当増資引き受けにより堀田丸正<8105>を子会社化

RIZAPグループ<2928>、宝飾品小売会社を孫会社化

RIZAPグループ<2928>、ぱどを子会社化

RIZAP<2928>、ジーンズメイト<7448>に対する公開買付けの開始及び第三者割当増資を引受け

ソフトバンクグループ<9984>、世界有数のテクノロジー企業ARMを完全子会社化

健康コーポレーション<2928>、光通信と美容・ヘルスケア予約・送客サイト事業会社を合弁会社化

健康コーポレーション<2928>、体型補整下着販売のマルコ<9980>を第三者割当増資引受けにより子会社化

健康コーポレーション<2928>、婦人服の三鈴を4℃ホールディングス<8008>から買収

サイバーエージェント<4751>、子会社マイクロアドの株式の一部をソフトバンク<9984>に譲渡

健康コーポレーション<2928>、第三者割当増資の引受けによりパスポート<7577>を子会社化

ヨンドシーホールディングス<8008>、子会社のアパレルメーカーを健康コーポレーション<2928>へ譲渡

アクロディア<3823>、健康コーポレーション<2928>連結子会社のゲーム関連事業を譲受け

エイベックス・グループHD<7860>、ソフトバンクグループ<9984>との合併会社を完全子会社化

健康コーポレーション<2928>、アサツー ディ・ケイ<9747>の子会社の出版社を買収

健康コーポレーション<2928>、注文住宅・リフォーム会社を子会社化

ソフトバンク<9984>、米・スプリント・コーポレーション株式を追加取得

ヤマダ電機<9831>、ソフトバンクと資本業務提携

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の株式の一部を売却

スタートトゥデイ<3092>、ITベンチャーを買収。

健康コーポレーション<2928>、第三者割当増資の引受けにより夢展望<3185>を子会社化

スタートトゥデイ<3092>、電子雑誌「マガストア」運営のヤッパを買収

健康コーポレーション<2928>、アパレルメーカーを子会社化。

健康コーポレーションとゲオディノスが共同でゲームソフトの開発会社を買収。

健康コーポレーション<2928>、ゲオディノス<4650>株券等に対する公開買付けの開始を発表。

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>によるスーパーセルの株式の取得を発表。

健康コーポレーション<2928>、子会社の異動を伴う株式譲渡を発表。

健康コーポレーション<2928>、日本リレント化粧品および馬里邑の株式取得(子会社化)を発表。

ソフトバンク<9984>、連結子会社による公開買付けを開始。

ソフトバンク<9984>、完全子会社であるイー・アクセスの一部株式を譲渡。

ソフトバンク<9984>とイー・アクセスとの株式交換が完了。

ソフトバンク<9984>、スプリント買収(子会社化)に要する資金調達契約を締結。

ソフトバンク<9984>、イー・アクセス<9427>を株式交換によって完全子会社化。

健康コーポレーション<2928>、エムシーツーオフィスを孫会社化。

健康コーポレーション<2928>、エンジェリーベを子会社化。

健康ホールディングス<2928>、ミウ・コスメティックスの株式を取得し子会社化。

ソフトバンク<9984>、動画配信の米Ustreamへ出資

NEXT STORY

2017年M&Aの“アラカルト10選”!をお届け~編集部発

注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333