ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【企業力分析】君の名は。・・・東宝

alt

今回は、「シン・ゴジラ」「君の名は。」のヒットを飛ばしている東宝株式会社を取り上げました。1958年の年間映画館入場者数11.27億人をピークにその後下がり続け、2015年は1.67億人です。現在では、インターネット技術の進歩と家庭用テレビの大型化・高解像度化、さらにはスマートテレビ化に伴い、映画鑑賞の観点における映画館の存在意義は確実に変化しています。東宝㈱の経営状況はどうなっているのでしょうか。

2012~2016年までの5年間(連結財務諸表)を分析してみました。

企業力総合評価は、160.06P→152.79P→160.47P→164.17P→171.42Pと推移しています。2013年に7P落ちたのは、流動性が原因のようです(※青矢印を参照)。他の指標は全て改善を示しています。

営業効率(儲かるかの指標)、資本効率(資本の利用度の指標)、生産効率(人の利用度の指標)、安全性(長期資金繰りの指標)は4期連続改善しています。

資産効率(資産の利用度の指標)は、5期連続赤信号領域です。企業力総合評価が高く、他の指標が絶好調な場合、資産効率が悪くても問題がありません。その多くが、積極的な投資や、その結果利益の獲得・流動資産(現金預金や売掛金など)獲得が原因である為です。

流動性(短期資金繰りの指標)は、2013年大きく悪化しています。100億円の社債の償還が1年以内に迫った為です。社債はその後償還され残高はゼロになりました。

営業効率の各下位指標を確認してみましょう。

NEXT STORY

【企業力分析】ヤマダ電機 4年の喪失

【企業力分析】ヤマダ電機 4年の喪失

2016/09/29

今回は、家電大手のヤマダ電機を取り上げた。実店舗で商品を確認してからネット通販で購入される方も多いと聞く。売上高1兆6000億円を超える巨大企業ヤマダ電機はこの危機を乗り切っているのだろうか。