menu
Social media

ビジネス

【企業力分析】B-Rサーティワンアイスクリーム 急激悪化は複合要因

Cover 06fdc924 aa45 4fc6 9ff4 a3a4c11b4676
※画像はイメージです

アイスクリームチェーンのB-Rサーティワンアイスクリームを分析した。ポップなアイスクリームとして定評があるが、ハーゲンダッツや、コンビニなど、他業態の躍進があり、経営状況が気になる。

2011~15年12月期までの5年を分析した。

 企業力総合評価は、178.91P→182.25P→177.66P→137.13P→107.80Pと推移している。15年12月には、前年に比し29.33P悪化して107.80Pとなり、破たん懸念の60Pまであと47.80Pしかない。もし同じトレンドで悪化したらあと2年(47.80p÷29.33P=2)で破たん懸念に達する危機的状況である。14年、15年の企業力総合評価の悪化は、悪化トレンドの下位各親指標を原因とするが、全ての親指標が悪化トレンドであると確認できる。

 下位各親指標は3つのグループに分けて捉えることができる。営業効率と資本効率、生産効率と資産効率、流動性と安全性である。

 営業効率と資本効率(①グループ)は、それぞれ利益と売り上げの比率、利益と資本の比率を意味し、もうかるかという尺度である。このグループは2つとも急落し赤信号領域に突入していることから、企業力悪化に大きなインパクトを与えていると考えられる。

 生産効率と資産効率(②グループ)は、それぞれ人の活用、物の活用を売上高などで測った指標を意味し、管理の尺度である。このグループは、生産効率が4期連続悪化、資産効率が14年12月期から悪化している。このグループは、もうかるかの①グループとはある程度独立して管理できる指標である。

 流動性と安全性(③グループ)は、それぞれ短期資金繰り指標、長期資金繰り指標を意味し、資金繰りの尺度である。このグループは、流動性の急落と安全性の緩やかな悪化だ。このグループは①グループとは独立して管理でき、②グループとも関連があるもののある程度独立した管理ができる。

 B-Rサーティワンアイスクリームの過去5年の経営状況の推移は、営業効率の急激な悪化をカバーすることなく、全ての指標を悪化したという特徴がある。そしてグループの独立性から、補完関係を期待できたにも関わらず、それができなかったことが分かる。

企業力分析

NEXT STORY

【M&Aインサイト】トップ・アップ・オプションの導入可能性

【M&Aインサイト】トップ・アップ・オプションの導入可能性

米国において公開買付けのいわゆる二段階買収の手法により対象会社を買収する際に使われるトップ・アップ・オプション。国内での導入に関心が高まっている。トップ・アップ・オプションとは何か、どういう点に注目が集まっているのだろうか。森・濱田松本法律相談事務所大石弁護士、徳田弁護士に解説してもらった。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c