RIZAPグループは、ジーンズメイトの子会社化を目的にTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。ジーンズメイトは今回のTOBに賛同の意見を表明している。ジーンズメイトの創業者一族らがTOBに応募することで合意しており、応募予定株主の株式所有割合は合計で52.62%。ジーンズメイトはTOB成立後も上場を維持する見通し。

TOBの買付価格は1株あたり160円。TOB公表日前日の対象株式の終値207円に対して22.71%のディスカウントとなる。買い付け予定数は1092万4605株で、買付予定額は17億4000万円。公開買付期間は2017年1月17日から2月13日までを予定している。

RIZAPは業容を健康食品事業から美容関連やアパレル関連に拡大している。ジーンズメイトは業績低迷が長期化しているため、同社を傘下に取り込み積極的な広告宣伝を展開することにより顧客基盤の拡大を目指す。

TOBの成立を条件にRIZAPグループはジーンズメイトが実施する第三者割当増資(約6億4500万円)を引き受ける。第三者割当増資引き受け後の所有割合は63.99%に上昇する。ジーンズメイトは増資で調達する資金を設備投資などに振り向ける。