ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【企業力分析】大戸屋ホールディングス 売上高総利益率悪化の限界

alt
※画像はイメージです

今回は、大戸屋ホールディングス<2705>(以下、大戸屋)である。5月、大戸屋でお家騒動勃発。役員人事をめぐって、昨年7月に肺がんで亡くなった2代目、三森久実元会長の創業者一家VS外様との報道がありました。株主総会でも「前会長が味を追求するために行っていた事業を、収益に今すぐつながらないからやめて、オペレーション(業務の見直し)で利益を出していこうとしているとしか見えない。どういう方向に会社を持っていこうとしているのか」など、厳しい質問が出された。

2007~16年3月期までの10年を分析した。

 企業力総合評価は、108.87P→100.41P→86.09P(09年)→92.56P→102.20P→96.11P(12年)→112.25P→111.10P→102.58P→113.29P(16年)と推移している。10年間、青信号ぎりぎりか、黄信号領域にあり、経営状況はよいとは言えないようだ。16年は10.71Pも改善しており、窪田新社長が、就任して大戸屋を成長させたという評価になる。

 営業効率(もうかるか指標)資本効率(株主指標)は最初の07年08年は青信号領域の高い位置にあったが、09年以降、回復していない。

NEXT STORY

【M&Aインサイト】株式買取請求の撤回の効果に関して判示した裁判例

【M&Aインサイト】株式買取請求の撤回の効果に関して判示した裁判例

2016/06/23

今回は、株式買取請求の撤回の効果に関して、撤回によっても株式交換前又は後の株式の引渡しを受けることはできず、撤回前と同様に金銭を受け取る権利を有するにとどまる旨を判示した裁判例をご紹介します。