menu
Social media

ビジネス

【企業力分析】大戸屋ホールディングス 売上高総利益率悪化の限界

Cover 61c594b5 5df2 47db 91aa 2a0d9bc43279
※画像はイメージです

今回は、大戸屋ホールディングス<2705>(以下、大戸屋)である。5月、大戸屋でお家騒動勃発。役員人事をめぐって、昨年7月に肺がんで亡くなった2代目、三森久実元会長の創業者一家VS外様との報道がありました。株主総会でも「前会長が味を追求するために行っていた事業を、収益に今すぐつながらないからやめて、オペレーション(業務の見直し)で利益を出していこうとしているとしか見えない。どういう方向に会社を持っていこうとしているのか」など、厳しい質問が出された。

2007~16年3月期までの10年を分析した。

 企業力総合評価は、108.87P→100.41P→86.09P(09年)→92.56P→102.20P→96.11P(12年)→112.25P→111.10P→102.58P→113.29P(16年)と推移している。10年間、青信号ぎりぎりか、黄信号領域にあり、経営状況はよいとは言えないようだ。16年は10.71Pも改善しており、窪田新社長が、就任して大戸屋を成長させたという評価になる。

 営業効率(もうかるか指標)資本効率(株主指標)は最初の07年08年は青信号領域の高い位置にあったが、09年以降、回復していない。

企業力分析

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【プロフェッショナルインタビュー】「JAPAN革新継承基金」が「ファンド」ではなく「基金」である理由

【プロフェッショナルインタビュー】「JAPAN革新継承基金」が「ファンド」ではなく「基金」である理由

これまでになかった画期的な事業継承のためのM&A基金の在り方に挑戦している「JAPAN革新継承基金」。年金基金などの公共性の高い資金を「基金」として、日本の優れた中堅中小企業をM&Aし、短期的な売却ではなく長期の株式保有により、株主として積極的に企業成長を支援している。同基金を運用するACA革新基金運用の代表取締役社長・近藤Nick 直樹氏と代表取締役・松井香氏にお話を伺った。


注目の記事