menu
Social media

ビジネス

【企業力分析】決算書(財務会計)で未来が見えるか、検証!ココカラファイン・三越伊勢丹HD

Cover 117622d3 550a 4029 b9fb 8d6adb6197f4
※画像はイメージです

決算書(財務会計)で未来が見えるか、検証! ココカラファイン・三越伊勢丹HD

財務会計(決算書)は、未来を予測できると言われて、信じることができますか。今回は、過去に立てた予測を検証してみます。もし、その予測がズバリ当たっていたら、貴方も自社の決算書をもっともっと分析して経営に役立てて下さい。SPLENDID21NEWSでは上場企業を取り上げていますが、中小企業でも同じことが言えます。

V字回復失速予測は的中した ココカラファイン

今年3月のコラム(SPLENDID21NEWS第136号)では、㈱ココカラファインの2016年のV字回復は失速し、2017年は上げ止まると予測しました。以下、2013年~2017年3月期までの5年間です。 

企業力総合評価

左グラフ:営業効率、中グラフ:資本効率、右グラフ:生産効率

左グラフ:資産効率、中グラフ:流動性、右グラフ:安全性

企業力総合評価は126.14P→119.32P→ 115.77P→129.31P→129.15Pと推移しています。予測通りV字回復は上げ止まりました()。

流動性(短期資金繰り指標)、安全性(長期資金繰り指標)の2親指標は改善しましたが、営業効率(儲かるかの指標)、資本効率(資本活用度の指標)、生産効率(人の活用度の指標)、資産効率(資産の活用度の指標)の4つの親指標が悪化しています。この企業の活動力を表す4指標の悪化は、2016年の販売費及び一般管理費(以下販管)比率を低下させたことに起因します。販管費は、売上を上げ、不効率を正す為に支出するコストですから、削減の悪影響が2017年に現れました。V字回復は、売上高総利益率を改善させて行うのが上策で、2016年のような販管費率を調整した利益率改善は未来を犠牲にするリスクを伴います。

企業力分析

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

破産開始手続きを受けたステーキ&カフェ「KENNEDY(ケネディ)」の決算書を読む

破産開始手続きを受けたステーキ&カフェ「KENNEDY(ケネディ)」の決算書を読む

10月2日に東京地裁から破産開始決定を受けたステーキチェーン運営のステークス。破産直前の2016年12月期の最終利益は3,787万円の黒字だった。黒字転換は減価償却の見送りで捻出されたものだ。


注目の記事