企業概要(株式会社ペッパーフードサービス)

今回は、株式会社ペッパーフードサービスを取り上げました。一般的に高級料理といわれるステーキを手頃な価格で素早くお客様に提供する『ペッパーランチ』、立食スタイルにすることによりお客様の回転率を上げ、ステーキを低価格にて提供する『いきなり!ステーキ』などを国内はもとより海外にも展開しています。

ペッパーフードサービス分析

2007年~2016年12月決算までの10年間を分析してみました。

企業力総合評価 

営業効率 (左)・資本効率(右) 

生産効率(左)・ 資産効率 (右)

流動性(左)・ 安全性(右)

不祥事があり企業力総合評価は、大きく赤・黄信号領域にありましたが、2011年から改善トレンドとなり、正常圏へ来ました。 2011年は営業効率(儲かるか指標)・資本効率(株主指標)が2度目の青信号領域に飛び出した年と一致します。儲かるようになったことが、企業力の改善を牽引したのでしょう。 

生産効率(人の活用度)は赤信号領域から出ず激しく変動し、資産効率(資産の利用度)は改善から悪化に転じました。生産効率は、増収が激しければ、変動も激しくなります。資産効率は、売上と資産の関係です。資産が少なく売上が多ければ改善へ進みますが、㈱ペッパーフードサービスは、悪化に転じたところから、増収を狙い、売上増加率を上回る投資をしていると推察されます。先の営業効率、資本効率は利益の評価ですので、生産効率と資産効率の動きを勘案し、攻めの経営姿勢をとっていると考えられます。 

流動性(短期資金繰指標)は赤信号から出ません。 安全性(長期資金繰指標)は、青信号領域へ上がってきました。攻めによる資産増加に準じ、増資を適宜行い、資本増強もしているのでしょう。