menu
Social media

ビジネス

【企業力分析】三菱自動車工業 切羽詰まってないのに燃費不正

Cover 1214bf23 0400 475e 9fa5 f4021a1d696a
※画像はイメージです

今回は、三菱自動車工業(以下、三菱自動車)を分析した。2000年、04年の2度にわたる大規模なリコール隠し問題から復活を遂げ、今年また、燃費不正だ。コンプライアンス違反がもとで、存続の危機に陥り、最悪、他社のものになってしまう事例を、私たちは何度見送ればよいのか。

02~15年3月期までの14年を企業力総合評価分析SPLENDID21で分析した。

企業力分析

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【フジメディアホールディングス】M&Aなどの投資で、メディア以外の事業領域へ挑戦

【フジメディアホールディングス】M&Aなどの投資で、メディア以外の事業領域へ挑戦

メディア・コングロマリットを目指すフジメディアホールディングス。グループ株式の追加取得、協業を見込んだ出資や第三者割当増資の引き受けなど、毎年数件のM&Aを実施しており、近年はメディア以外の事業領域への投資も進めている。セグメント別の利益などを分析してみる。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb cc85b8b5 8edb 443a a273 78ca4504aa70
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91