今回は、ポテトチップスなどのお菓子メーカー、カルビー株式会社を取り上げてみました。少子高齢化と人口減少に直面している日本企業のうち、子供が主な購買層であるお菓子メーカーはいかに戦っているのでしょうか。

2012~2016年3月期までの5年を分析してみました。

企業力総合評価

下位各親指標


企業力総合評価は、157.41P→165.05P→172.61P→172.28P→172.99Pと推移しています。170P台を安定したようです。資産効率以外のすべての親指標が右肩上がりか天井値をつけており、着実な成長軌道にあります。

営業効率(儲かるか)は天井値になりました。売上高も2012年163,268百万円から2016年246,129百万円へと4年間で150.75%増加しました。売上高経常利益率も7.65%から10.79%へと着実に改善しています。資本効率(資本の利用度)も同じ軌跡です。

生産効率(人の活用度)が急激で同じトレンドでの改善を示しています。売上は先に示した4年間で、150.75%の増加に対し、従業者数は5,771人から6,978人へと、120.91%の増加に留まっています。1人当たり売上高も1人当たり利益も伸びているようです。

資産効率(資産の利用度)は右肩下がりの悪化を示しています。この指標は売上と資産の関係を示していますから、増収している中での悪化であれば、それ以上に資産が増加しているのでしょう。

流動性(短期資金繰り)は急改善ののち、天井値になりました。安全性(長期資金繰り)は天井値で高位安定しています。