menu
Social media

ビジネス

【企業力分析】ツバキ・ナカシマ MBOの結末

Cover 15af201e 50e8 464e bf61 e237debb791a
画像はイメージです。

 今回は、ツバキ・ナカシマを分析してみよう。ツバキ・ナカシマは2007年1月、MBO(企業の経営陣が自社の株式を買い取り、その企業の経営権を掌握すること。M&Aの一種)を実施し、非上場化した。野村プリンシパル・ファイナンス (以下、NPF)を中核株主とした後、11年3月米系投資ファンド、カーライル・グループ(以下、カーライル)に転売され、その後15年12月16日再上場を果たした。

 ツバキ・ナカシマはこのMBOで750億円の借金を背負ったのに対し、NPFのもうけはカーライルへの株式転売で72億円、株式公開買い付けの手数料3億円など、少なく見積もっても83億円の利益を得た。一方、カーライルは、保有する3775万株(発行済み株式総数の89.41%)のうち、1910万株を280億円で売り上げ、配当も合わせると152億円の利益を得たといわれている。今でも1865万株を保有するカーライルは最終的にいくら利益を得るのだろうか。

 上場していた05~07年までの3年と非上場時の13~14年12月期2年の連結財務諸表を分析した。中5年間のデータは公開されていないため、分析できない。また、13~14年の財務諸表はIFRSで作成され、日本基準との差異がある。IFRSでは「のれん(無形固定資産)」が償却されないため、利益が16億円(13年実績)多く計上される。比較のため、13年~14年のデータを補正した。非連続時期に赤縦線を入れている。

 企業力総合評価は、167.53P→168.82P→166.42P→158.37P→161.94Pと推移している。
SPLENDID21では、右肩上がりで企業の成長を定義しているから、MBOは、結果的にツバキ・ナカシマを衰退させたという結論になる。悪化原因は、営業効率、資本効率、安全性である。
 営業効率(儲かるか指標)・資本効率(株主指標)ともにMBO前より悪くなっている。
 生産効率(人の利用度指標)は改善しているが、この指標は一人当たり売上高のウエイトが高く、従業員ががんばっているということである。
 資産効率(資産の利用度)は、一度悪化したが戻った。
 流動性(短期資金繰り指標)は天井値のまま推移しているが実は、問題は隠されている。
 安全性(長期資金繰り指標)は急落した。

 営業効率、流動性、安全性の下位の財務指標を表で示す。

 営業効率の売上高営業利益率を見てみよう。MBO後5%ほど下がってしまった。SPLENDID21読者はこの悪化に卒倒するはず。儲ける力は企業成長の根幹だが、その根幹が弱体化した。

企業力分析

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

新連載【米シリコンバレー発】ベンチャーM&A速報レポート(1)自動運転のCruiseをGMが買収

新連載【米シリコンバレー発】ベンチャーM&A速報レポート(1)自動運転のCruiseをGMが買収

米シリコンバレーを中心とする海外のベンチャーおよびテクノロジー関連のM&A情報を、現地在住のコンサルタント坂崎昌平氏がレポート! 次のビジネスが今動き出している(隔週連載。今回は2016年3月14日の週および3月21日週の動きをレポートします)


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92