今回は、セーラー万年筆<7992>を分析してみる。2015年12月14日、旧・大蔵省(現・財務省)出身の中島義雄社長解任、代表権のない取締役に退き、代わりに比佐泰取締役が社長に就任した。これに対し、代表取締役の解任決議に瑕疵があったとして、中島氏が決議無効を主張、その後、東京地裁に申し立てていた決議の無効申し立てを取り下げるという波乱があった。

06年から14年12月期までの9年間を分析した。

 企業力総合評価は、109.22P→95.56P→78.88P→71.70P→69.52P→57.61P(11年青〇)→77.83P→62.96P→89.77Pと推移している。青信号の正常圏にあったのは9年前の06年(赤〇)のみ。
企業力総合評価は14年、右肩上がりになったが、流動性(短期資金繰り指標)、安全性(長期資金繰り指標)がけん引していることが分かる(青矢印 )。営業効率(もうかるか指標)・資本効率(資本の利用度指標)は一番よかった06年でも赤青ゼロ判別ジャッジ上に位置する。

 生産効率(人の利用度指標)は、7期連続悪化トレンドだ。生産効率の下位指標のうち1人当たり売上高が悪化しているためだ。売上高は、100億円→90億円→83億円→66億円→66億円→66億円→64億円→55億円→61億円と推移し、9年間で37.65%減少しているのに対し、従業員数は、435人→442人→433人→435人→434人→445人→457人→422人→411人と5.51%しか減少していないためである。14年の改善は、売上高増と従業員減がダブルで起こったためである。

 資産効率(資産の利用度指標)は改善トレンド。総資産額は、123億円→106億円→84億円→71億円→57億円→49億円→46億円→47億円→57億円と9年間で53.29%減に対し、売上高が37.65%減と資産の減少割合が高いためである。気になるのは、この資産効率の改善をどう評価するかではないだろうか。答えはグラフの右肩上がりに反し、「良い評価とは言えない」になる。総資産の減少額65億円の内、36億円は赤字となって社外流出し、売上減少に伴う運転資金の減少等(売掛債権17億円減少)が総資産額の減少の原因であるため、改善と喜べない。

 流動性は、悪化トレンドであったが、14年改善に転じた。安全性指標は13年14年と連続改善し、青信号領域へ脱した。流動性・安全性の改善は、13年1月、新株予約権を無償で株主に割り当て、新株予約権を行使してもらうことにより、会社が資金調達をする手法である「ライツ・オファリング」を行ったためだ。

 14年企業力総合評価の改善は、この財務オペレーションの効果によるところが大きく、今後、資金を生かしてどうしていくのか比佐新社長の手腕にかかってくる。
つまり、この資金をどう使うかが今後のセーラー万年筆のV字回復に関わる。エルピーダメモリや日本航空の様に、事業再編・リストラをすることなく、増資したお金を赤字で垂れ流すことがあってはならない。

 企業力総合評価を再度見てみる。09年12月に中島義雄氏が社長に就任しているがその時点で、企業力総合評価は、71.70Pと破たん懸念ラインの60Pに迫っている。結論から言えば、この時点で、通常の経営手法では改善する見込みはなく、再生手法等の特別な技能を持った経営者にバトンタッチすべきであったと思われる。要コンサル領域(80P~100P)を下回って悪化した会社は「外科手術」が必要となる。

 その点で、取締役側が中島氏の代表取締役社長として不適当行動と指摘・依頼していた、
1.「私的な活動を控え,会社の業務に専念すること。」
2.「知人が仲介してくる仕入商品を当社に持ち込まないこと。」
3.「当社の得意先回りをすること。」
については違和感がある。
確かに、社長として実行した方が良いことかもしれないが、上記3つが完全に履行されたとしてもセーラー万年筆の業績が改善するとは思えない。