ヤマノホールディングスは、スポーツ用品販売事業をRIZAPに譲渡することを決議した。対象となるのは小売店のパワーズ10店舗、スポーツワールド3店舗、S.R.C1店舗、ショックウェーブ1店舗、池袋秀山荘1店舗の計16店舗とスポーツマンクラブ外商事業。対象事業の直近売上高は37億2000万円。

スポーツ用品事業は主力のウインタースポーツ関連が不振で厳しい事業環境が続いていた。ヤマノホールディングスは美容と和装を中心とした事業への選択と集中を進め、成長スピードの加速を目指す。

譲渡価額は15億円。譲渡予定日は2017年5月23日。