menu
Social media

ビジネス

【企業力分析】三越伊勢丹HD 財務分析指標が示す、社長退任劇の遠因は8年前にあった!!!

Cover 3683e453 ceec 443d ba40 cb8807046df5
※画像はイメージです

今回は、株式会社三越伊勢丹ホールディングスを分析してみました。3月7日、業績不振や現場の疲弊を理由に、石塚邦雄会長が主導して社長交代を決定しました。2012年より㈱三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長は、新宿伊勢丹メンズ館に発想段階からかかわるなど「改革者」と評価されてきました。3月13日、新経営体制の記者会見が開かれ、杉江俊彦次期社長は「事業の選択と集中を進める」と述べました。

2016年3月期までの10年間を、分析してみました。

企業力総合評価

下位各親指標(営業効率、資本効率)

下位各親指標(生産効率、資産効率)

下位各親指標(流動性、安全性)

今回のグラフはターニングポイントが明確です。企業力総合評価の悪化した2009年は、営業効率(儲かるか)、資本効率(資本利用度)、資産効率(資産利用度)、流動性(短期資金繰り)、安全性(長期資金繰り)とほぼ全ての親指標が悪化しています(青○)。三越とのM&Aによって総資産が増加し財務体質が悪化(流動性・安全性)、資産利用度が下がり(資産効率)、急激に利益が減少し(営業効率・資本効率)、2016年までにそれが回復することはありませんでした。

唯一生産効率が右肩上がりの改善トレンドですが、この指標は従業員数と売上高もしくは利益の関係を示す評価で、人員削減によって改善させたことが確認できます(赤矢印)。17,082人→17,637人→30,735人(M&A直後)→28,622人→29,150人→26,935人→26,242人→25,710人→25,192人→25,415人(2016年)。

企業力分析

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【三越伊勢丹ホールディングス】4つの百貨店がひとつに。組織再編でシェアード化を進める

【三越伊勢丹ホールディングス】4つの百貨店がひとつに。組織再編でシェアード化を進める

大西洋前社長の引責辞任で注目を浴びた三越伊勢丹ホールディングス。同社は厳しい百貨店業界において、生き残りをかけた大型の再編を繰り返してきた。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333