menu
Social media

ビジネス

【企業力分析】森永製菓 内なる改革成功と人事戦略 正社員比率を上げる

Cover b70c4639 a5e1 4f38 b42e a6cd7926d154
※画像はイメージです

誰もが子供のころからお世話になっている森永製菓株式会社です。甘いお菓子の会社ですが、経営を取り巻く環境は、少子化・人口減少で決して甘くはない筈です。

企業力分析(総合評価と下位指標)

2013年~2017年3月期まので5年間です。

森永製菓 企業力総合評価

左グラフ:営業効率  中グラフ:資本効率  右グラフ:生産効率

森永製菓 下位各親指標

左グラフ:資産効率  中グラフ:流動性  右グラフ:安全性

森永製菓 下位各親指標

企業力は力強く右肩上がりで、106.05P→111.63P→121.13P→139.95P→135.52Pと推移しています。2017年の失速は流動性の悪化が影響しています。その他の指標全てが改善トレンドで、問題ないでしょう。

また、2012年以前の分析グラフは出ていませんが、それまでのグラフは総合評価110P当たりでしたが、急に改善トレンド。これは社長交代があった可能性があります。調べてみると、新井徹氏が、2013年6月に社長就任されています。見事なV字回復はカルロス・ゴーン社長就任時とよく似ています(下グラフ・横軸は平成年度)。

日産自動車 企業力総合評価

営業効率(儲かるか)、資本効率(資本の活用度)はウナギ上りです。

生産効率(人の活用度)は2014年、若干の悪化がありましたが、それ以降は右肩上がりに転じました。

資産効率(資産の活用度)は安定して高いようです。

流動性(短期資金繰り)は赤信号領域からウナギ上りの後、2017年に失速。短期借入金の増加が原因ですが、営業効率が改善しており、問題ないでしょう。

安全性(長期資金繰り)は、着実な改善をしています。

内なる改革成功を証明する財務指標

見事な改善Ⅴ字回復のグラフを見たときすべきは、年度比の確認です。下グラフ2013年度比推移です。経常利益2013年度比が、ダントツです。

森永製菓2013年度比

売上を大きく上げたわけではないのに、M&Aなど大きな投資もなく優秀な人材を大量採用したわけでもないのに、利益だけが突出して上がっています。このグラフで見ると、売上がさほど伸びていないわけですから、利益の元は社内にあることを意味します。

成長セオリーどおり

2016年以降、売上高総利益率を改善させ、売上高営業利益率を改善させています。Ⅴ字回復のセオリー通り、原材料費率の改善や業務の効率化を行っています。

森永製菓総利益率・営業利益率推移

人事戦略の推移と今後

生産効率を考察してみましょう。

森永製菓正社員比率・一人当たり売上高推移

正社員比率の長期データを示します。

㈱ファーストリテイリングといえば、躍進が見事な会社ですが、正社員比率をどんどん上げています。会社を担う人材をしっかり育てる方針なのでしょう。

企業力分析

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

日産の無資格検査への対応、ユーザーや下請けから不満の声

日産の無資格検査への対応、ユーザーや下請けから不満の声

完成車の不正検査が発覚した日産自動車。9月18日に国土交通省から指摘を受けた後も無資格の従業員が検査に関わっていた。10月19日、国内6工場の出荷停止を発表したが、コンプライアンス意識の希薄さは否定できない。不祥事の影響は日産にとどまらず日産の取引先、下請企業にも波及している。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333