今回は、ポケモンGOで話題になっている任天堂<7974>を分析した。外を歩かなければならないゲーム性などで、ゲームの不健康なひきこもりイメージを打破したスマホゲーム、ポケモンGO。これほど一気に広まったスマホゲームはないと言われている。コダックと聞いて、ポケモンを思い出す人も写真フィルムを思い出す人もどちらにも分かりやすく分析してみた。

2007~16年3月期までの10年間を分析した。

 企業力総合評価は、184.43P→184.48P→184.44P→184.45P→178.59P→128.97P(2012年)→153.39P→150.57P→172.85P→166.93Pと推移している。前半にはおよばないが、かなり企業力総合評価を回復させた。企業力総合評価を悪化させたのは、営業効率、資本効率であることが一目瞭然である。流動性・安全性など財務はびくともしない。

 営業効率(もうかるか)・資本効率(資本の利用度)は、天井値から一気に底値に落ちた。13年のV字回復は、赤青ゼロのところまで戻し、売上高経常利益率1.65%。ここに戻したところが、いかにも優良企業と言える。翌年足踏みしたが、15年、さらに改善した。