menu
Social media

ビジネス

【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

Cover 501e5095 2857 4088 82e9 542aeb32f7d4
画像はイメージです。

 お客様から「各指標の統合や点数に関する計算構造は秘密なんですね。」と言われている。これらのロジックは、SPLENDID21の心臓部のため、統計手法で作っているとお伝えするぐらいでお許しいただいているが、その正確性に疑問が残ったままになる方も多いかもしれない。そこで今回、SPLENDID21の正確性を検証してみる。

 SPLENDID21では、企業力総合評価が60ポイント以下かWARNINGが3個付くと定量的には破綻していると評価する。実際そのような結果が出るか、破綻した企業を分析してみた。

 やはり、破綻企業はどこも60ポイント以下かWARNINGが3個付いている。

 続いては、60ポイントに近づいた、または60ポイントを切ってしまった企業について、その後の行動を追ってみた。


 カッパ・クリエイトHDは、62.44Pをつけた7カ月後(2014年10月)に株式公開買付けによりコロワイド傘下に下る。ワタミは、30.18Pを付けた6カ月後(15年9月)介護事業の売却を決定。あきんどスシローは55.99Pを付ける6カ月前(12年9月)、同社株を投資ファンドユニゾンが、投資ファンドベルミラに売却。パナソニックは67.28Pを付けた13年3月期で37,493人、率にして△11.19%のリストラ実施(従業員数の減少ベースで計算)。シャープは48.32Pを付けた6カ月後(15年9月)、本社を118億円でニトリへ売却発表。ニッセンHDは66.85Pを付けた2カ月後(15年8月)大型家具事業からの撤退を発表。

 6社全ては、M&A、事業譲渡、ファンド入れ替わり、リストラ、本社売却など、「外科手術」を行っている。見た目は破綻企業群より若干良さそうだが、80ポイントを下回り、WARNINGが付く状況ではやはり、自社のみではどうしようもなく、自力では、回復できないという結論になったのだろう。
少なくともこのような経営状況に陥らないようにするには、どこで踏みとどまるべきなのだろうか。

 ずばり80~100ポイント(黄色い部分)の「要コンサル領域」である。「要コンサル領域」とは当社のネーミングで、「経営を変革すれば回復できる領域」、経営陣が交代する、経営コンサルなど、経営を変革できれば、回復する会社が多くある領域のことである。


 要コンサル領域にきれいにはまっているのは、コロワイドとゼンショーホールディングス、サンデーである。イオン、井村屋グループ、三越伊勢丹HDはぎりぎり正常領域。

企業力分析

関連のM&Aニュース

シャープ<6753>、Fritz Schumacher AGを子会社化

シャープ<6753>、子会社の堺ディスプレイプロダクトを譲渡

コロワイド<7616>、北米「牛角」事業を子会社化

シャープ<6753>、ソフトウェア開発・人材派遣業子会社を売却

ゼンショーホールディングス<7550>、フジタコーポレーションを子会社化へ

コロワイド〈7616〉、フレッシュネスバーガー事業を子会社化

シャープ<6753>中国物流ソリューション会社と業務提携し、新会社設立へ

シャープ<6753>欧州市場シャープ液晶テレビ事業運営会社との業務提携強化へ

シャープ<6753>、鴻海グループの知的財産関連業務を担う企業と業務提携し、同事業子会社設立へ

シャープ<6753>、香港のRoxy社と業務提携解消、合弁会社株式50%を取得し子会社化

セブン&アイ・ホールディングス<3382>、完全子会社の株式交換によるニッセンホールディングス<8248>の完全子会社化

バイテックホールディングス<9957>、部材調達会社の株式の一部をパナソニック<6752>に譲渡

ワタミ<7522>、子会社の太陽光発電事業会社2社を譲渡

シャープ<6753>、第三者割当による新株式発行により経営権を鴻海グループに譲渡

ワタミ<7522>と精米卸販売会社、資本業務提携

パナソニック<6752>、米国の業務用冷凍・冷蔵ショーケースメーカーを子会社化

ジーエス・ユアサコーポレーション<6674>、パナソニック<6752>の鉛蓄電池事業を譲受け

ワタミ<7522>、子会社のワタミの介護を譲渡

シャープ<6753>、孫会社の太陽光発電開発事業社及びその持株会社を売却

イオン<8267>、マルエツの株式を公開買付へ。

コロワイド<7616>、SPCにてカッパ・クリエイトホールディングス<7421>を公開買付。

イオン<8267>、ウエルシアホールディングス<3141>を子会社化に向け公開買付けへ

パナソニック<6752>、スペイン自動車向けメカトロニクス会社と資本業務提携。

イオン<8267>、山口県と北部九州地盤のスーパーマーケットチェーンを子会社化。

ゼンショーホールディングス<7550>、千葉県のスーパーを完全子会社化

パナソニック<6752>、SAWフィルタ事業の一部をスカイワークス ソリューションズに譲渡。

イオン<8267>、ダイエー<8263>普通株式及び甲種類株式に対する公開買付けを決定。

ワタミ<7522>、韓国に合弁会社設立。

ゼンショーホールディングス<7550>によるマルヤ<9975>株式に対する公開買付が終了。

イオン<8267>、カルフール社のマレーシア事業を買収。

ゼンショーホールディングス<7550>、マルヤ<9975>の普通株式に対する公開買付を開始。

コロワイド<7616>、レックス・ホールディングスを子会社化。

イオン<8267>、テスコジャパンの株式取得。

シャープ<6753>、凸版印刷<7911>及び大日本印刷<7912>、液晶カラーフィルター事業を統合。

凸版印刷<7911>及び大日本印刷<7912>、液晶カラーフィルター事業をシャープ<6753>の子会社に統合。

シャープ<6753>、鴻海精密工業と業務資本提携。

ニッセンホールディングス<8248>、ユーシーシーホールディングスと資本業務提携。

イオングループのペットシティとAHBインターナショナルが合併。

イオン<8267>、マルナカ及び山陽マルナカを子会社化。

イオン<8267>、パルコ<8251>の株式を取得

イオン<8267>、サンデー<7450>の普通株式に対する公開買付を完了

カッパ・クリエイト<7421>、ジャパンフレッシュの株式を取得し子会社化

パナソニック<6752>、株式交換によりパナソニック電工を完全子会社化

パナソニック<6752>、三洋電機<6764>を株式交換により完全子会社化

イオン<8267>、サンデー<7450>の普通株式に対する公開買付を開始

シャープ<6753>、米国の発電開発事業者リカレント社を完全子会社化

パナソニック<6752>によるパナソニック電工<6991>の株式に対する公開買付が終了

パナソニック<6752>、パナソニック電工<6991>の株式に対して公開買付を実施

パナソニック<6752>、三洋電機<6764>の株式に対する公開買付を実施

イオン<8267>、CFSコーポレーション<8229>を子会社化

イオン<8267>によるCFSコーポレーション<8229>株式に対する公開買付が終了

イオン<8267>、CFSコーポレーション<8229>株式に対する公開買付を開始

ゼンショー<7550>、なか卯<7627>を株式交換により完全子会社化

パナソニック<6752>による三洋電機<6764>株式の公開買付が終了

パナソニック<6752>、三洋電機<6764>に対する公開買付けを開始

NEXT STORY

【日立製作所】危機から一転好調へ。選択と集中にM&Aを活用

【日立製作所】危機から一転好調へ。選択と集中にM&Aを活用

20年以上におよぶ苦しい時代を乗り越えて事業改善を続け、日本のほかの電機メーカーが苦戦する中、見事に業態転換を図ってきた日立。M&Aを活用してきた再編をみていこう。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb cc85b8b5 8edb 443a a273 78ca4504aa70