企業買収のニュース記事一覧

なぜ今、M&Aの「公正性」が問われるのか 経産省が研究会発足

なぜ今、M&Aの「公正性」が問われるのか 経産省が研究会発足

経済産業省は11月18日、「公正な買収の在り方に関する研究会」を発足した。公正性担保措置の重要性はこれまでも叫ばれてきたが、なぜ今なのか。研究会の狙いから、M&A市場に横たわるドメスティックな課題を根本的に解決しようとする強い姿勢が窺える。

記事を読む
【ジンズホールディングス】メガネ版「SPA」を先んじて確立、業界2位に躍進|海外一極生産から脱皮も

【ジンズホールディングス】メガネ版「SPA」を先んじて確立、業界2位に躍進|海外一極生産から脱皮も

メガネ専門店「JINS」を展開するジンズホールディングス。メガネ版SPA(製造小売業)による低価格路線をいち早く確立し、市場に旋風を巻き起こしてきた。メガネ業界の新興企業として登場して20年余り。現在では業界2位に躍進を遂げた。その同社が初の本格的な企業買収を手がけることになった。

記事を読む
【会計コラム】のれんの会計処理について

【会計コラム】のれんの会計処理について

M&Aにおける重要な会計論点の1つであるのれんについて、海外ではその処理方法の見直しの検討が進んでいます。実務的にはIFRSの選択適用など、結構影響がある会社もあるのではないでしょうか。今回は改めてのれんついてお話したいと思います。

記事を読む
SMBC日興証券、相場操縦で一部業務停止命令 買収情報も授受

SMBC日興証券、相場操縦で一部業務停止命令 買収情報も授受

金融庁は10月7日、金商法違反の相場操縦で起訴されたSMBC日興証券に対し、3カ月の一部業務停止を命じた。日興に対する金融庁の行政処分は4回目。グループ内の三井住友銀行との間で企業買収やTOBの非公開情報を複数回授受していたことも発覚した。

記事を読む
【渋沢倉庫】30年ぶりの企業買収を決断、今後のM&A戦略は?

【渋沢倉庫】30年ぶりの企業買収を決断、今後のM&A戦略は?

近代ニッポンにおける資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一(1840~1931)。生涯に500余りの企業・団体の設立にかかわったとされ、その1つが渋沢倉庫だ。現在、全国に3900社近くある上場企業のうち、「渋沢」の名を冠した唯一の企業でもある。

記事を読む
「吉野家」が「ラーメン」を次の柱に 企業買収を再開 不適切発言の役員解任の影響は

「吉野家」が「ラーメン」を次の柱に 企業買収を再開 不適切発言の役員解任の影響は

吉野家ホールディングスが攻勢に転じる。コロナ禍で足場が固まったとして、企業買収を再開するとともに、ラーメンを牛丼(吉野家)、うどん(はなまる)に次ぐ第3の柱に育てる方針を打ち出した。

記事を読む
カジュアル衣料のアダストリア「企業買収」に本腰 2026年2月期に売上高2800億円に

カジュアル衣料のアダストリア「企業買収」に本腰 2026年2月期に売上高2800億円に

アダストリアが、企業買収を積極化する方針を打ち出した。同社は2026年2月期を最終年とする4カ年の中期経営計画の中で「不足していた検討プロセスと専任チームは整備済み」とし、M&Aに本腰を入れる姿勢を示した。

記事を読む
弊社は買収されました!|編集部おすすめの1冊

弊社は買収されました!|編集部おすすめの1冊

企業買収は買収成立がゴールではなく、そこがスタートとなる。文化の異なる2社の経営を統合する作業がそこから始まるからだ。本作品はフィクションだが、PMIを追体験できる内容に仕上がっている。

記事を読む
「ザ・M&Aディール 企業買収・売却プロセス実践対策集」|編集部おすすめの1冊

「ザ・M&Aディール 企業買収・売却プロセス実践対策集」|編集部おすすめの1冊

M&Aで失敗しないための実践的な対応策を啓蒙することを目的に、20人を超えるM&AのプロがM&Aに携わる企業担当者や専門家ら向けに、本格的なM&A実務解説書としてまとめ上げた。

記事を読む
五輪イヤー、企業買収との相関は?

五輪イヤー、企業買収との相関は?

東京2020オリンピックが幕を開けた。コロナ禍で1年延期され、大半の競技会場が無観客となるなど異例の五輪となったが、過去、五輪とM&Aの関係はどうなのだろうか。2000年以降の五輪イヤー(夏季大会)に起きた主なM&Aにフォーカスしてみると。

記事を読む
アパレル業界の光と闇をブラックな笑いで包む『グリード ファストファッション帝国の真実』

アパレル業界の光と闇をブラックな笑いで包む『グリード ファストファッション帝国の真実』

『グリード ファストファッション帝国の真実』は経営破綻した英アパレル企業・アルカディア・グループのオーナー、フィリップ・グリーンをモデルに「欲望=Greedに憑りつかれた男の栄枯盛衰を描く、経済・ビジネス色の強い、社会派ドラマです。

記事を読む
アリナミン・ボラギノール・キャベジン…「大衆薬」で企業買収がなぜ盛り上がる?

アリナミン・ボラギノール・キャベジン…「大衆薬」で企業買収がなぜ盛り上がる?

大衆薬メーカーがこのところ、企業買収で何かと話題を提供している。各社とも知名度抜群の商品ブランドを抱えるだけに、その去就について注目度も高い。

記事を読む
「個人M&A 大全」|編集部おすすめの1冊

「個人M&A 大全」|編集部おすすめの1冊

サラリーマン向けに「個人M&A」の詳しい内容と実践方法を解説した。著者は企業経営者として生きていくのは、金銭面だけでなく、生きがいややりがいにもつながるため生涯現役で働ける環境を作るべきだと主張する。

記事を読む
「元彼の遺言状」|編集部おすすめの1冊

「元彼の遺言状」|編集部おすすめの1冊

本書は第19回(2020年)「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた新川帆立さんの話題作。「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」。こんな前代未聞の遺言状を残して、森川栄治が亡くなった。真相解明に、凄腕の女弁護士・剣持麗子が大活躍する。

記事を読む
【日本M&A史】グローバル・トップへの道 ブリヂストンのファイアストン買収(10)

【日本M&A史】グローバル・トップへの道 ブリヂストンのファイアストン買収(10)

1985年のプラザ合意を契機に日本の対外直接投資が急増すると、企業レベルでもグローバル・トップをめざす動きが出始めた。その象徴がブリヂストンによるファイアストン買収(88年)、大日本インキ化学工業による米国サンケミカルの買収(89年)である

記事を読む
半沢ロスにおすすめ『半沢直樹 アルルカンと道化師』

半沢ロスにおすすめ『半沢直樹 アルルカンと道化師』

上役ににらまれ、東京中央銀行大阪西支店の融資課長に左遷された半沢直樹。そこに降ってわいたのが、融資先である美術出版社「仙波工藝社」のM&Aだった。買収を持ちかけたのは仮想ショッピングモールで成功した新興上場企業のジャッカル。半沢はどう動く?

記事を読む
米国司法省及び連邦取引委員会が垂直合併ガイドラインの最終版を公表

米国司法省及び連邦取引委員会が垂直合併ガイドラインの最終版を公表

米国司法省及び連邦取引委員会は、35年ぶりの改正となる、垂直合併ガイドラインの最終版を公表しました。特に注意が必要な分野の一つは、伝統的な垂直合併とは異なる垂直合併に対する当局の扱いです。

記事を読む
東芝、「本調子」まであと数年が踏ん張り時!|ビジネスパーソンのための占星術

東芝、「本調子」まであと数年が踏ん張り時!|ビジネスパーソンのための占星術

再建途上にある東芝。不正会計問題や米原発企業買収の失敗で経営危機に陥り、屈辱の東証2部降格を味わった。新型コロナウイルス後を見据え、東芝「完全復活」の道筋について占星術の見立てはどうなのか?

記事を読む
アッコちゃんが企業買収を阻止?『映画 ひみつのアッコちゃん』

アッコちゃんが企業買収を阻止?『映画 ひみつのアッコちゃん』

人気アニメ「ひみつのアッコちゃん」の実写版(映画)は、大人に変身したアッコちゃんが企業買収に巻き込まれる設定になっている。10歳のアッコちゃんにわかるようにビジネス用語を解説するなど子どもでも楽しめる作品となっている。

記事を読む
「アップルウォッチSE」でグーグルのFitbit買収に暗雲か

「アップルウォッチSE」でグーグルのFitbit買収に暗雲か

米アップルはスマートウォッチ「アップルウォッチ」の新モデル「シリーズ6」を投入する。が、アップルユーザーの話題をさらっているのが廉価版の「アップルウォッチSE」だ。このSEが米グーグルによる米Fitbit買収にブレーキをかける可能性がある。

記事を読む
アップル、AI関連企業の累積買収件数で3年連続トップに

アップル、AI関連企業の累積買収件数で3年連続トップに

米アップルが2010年から2019年までの10年間に累計で20社のAI企業を買収し、3年連続で累計トップを維持した。アップルの成長に寄与した「AI買収」だが、買い手の主役はICTから他業種への拡大しつつある。M&Aの過熱で買収金額の高騰も。

記事を読む
【JKホールディングス】今年すでに5社買収、M&A攻勢の向こうに「5000億円」企業を見据える

【JKホールディングス】今年すでに5社買収、M&A攻勢の向こうに「5000億円」企業を見据える

建材商社最大手のJKホールディングスがM&Aにアクセルを踏み込んでいる。今年に入り、5件の企業買収を実施した。元々、M&A積極派の同社だが、ここへきて動きが際立っている。どんな狙いが込められているだろうか。

記事を読む
TikTok問題が引き起こすテック系イノベーションの「死」

TikTok問題が引き起こすテック系イノベーションの「死」

トランプ米大統領が中国バイトダンス傘下にある動画投稿アプリ「TikTok」に、米国でのアプリ使用禁止か米国企業への事業譲渡を迫っている。米中摩擦の象徴ともいえる事件だが、実はテック系ベンチャーの活躍を阻害しかねない世界経済の懸念材料なのだ。

記事を読む
「買収」には二つの意味がある!

「買収」には二つの意味がある!

最近、「買収」の2文字をニュースでよく目にします。外食大手、コロワイドが定食専門店の戸屋ホールディングスの買収に乗り出した一件。もう一つが河井克行前法相夫妻(自民党を離党)による買収事件。今回は、そんな「買収」にスポットを当てます。

記事を読む
「ミネラル麦茶」の石垣食品、債務超過で上場廃止の崖っぷちへ

「ミネラル麦茶」の石垣食品、債務超過で上場廃止の崖っぷちへ

「ミネラル麦茶」でおなじみの石垣食品が上場廃止の猶予期間入り銘柄に指定されました。2020年3月期に債務超過に陥ったため。2021年3月末までに債務超過が解消されないと、上場廃止になります。戦略的な企業買収があだとなりました。

記事を読む