RIZAPグループはヘアケア・ボディケア用品の販売子会社であるジャパンゲートウェイ(東京都新宿区)の全株式を、投資会社の萬楽庵(名古屋市)に譲渡することを決議した。経営立て直しに向けた事業構造改革の第一弾。

RIZAPグループは2017年12月に旧ジャパンゲートウェイの全事業を取得した。事業を引き継いだ子会社をジャパンゲートウェイに社名変更してうえで、2018年4月から本格的な事業展開に乗り出した。しかし、販売実績が計画に届かず、収益が悪化し、18年4月~9月期(半期)で約20億円の営業損失が出ていた。

譲渡先である萬楽庵の中村規脩会長はテレビ通販「ショップジャパン」を展開するオークローンマーケティング(名古屋市)の創業者。

譲渡価額は非公表。譲渡日は2019年1月25日。