menu
Social media

ビジネス

【企業力分析】味の素 M&Aの巧拙を財務分析で評価する

Cover 65546d53 5891 486b bef0 4ff1ce7dfa0b
※画像はイメージです

今回は味の素株式会社を分析してみました。味の素㈱といえば、商品名がそのままの「味の素」をお漬物やお料理にふりかけて頂いた記憶が多いのではないでしょうか。2017年3月末現在は、連結子会社93社及び持分法適用会社7社より構成され、調味料・加工食品、冷凍食品、コーヒー類、加工用うま味調味料・甘味料、動物栄養、化成品、アミノ酸など、実に広範囲に事業領域を広めています。

財務分析を基礎とした経営診断をする 味の素㈱

2013年~2017年の5年間を分析しました。全て日本基準作成された財務諸表です。


企業力分析

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

「オランジーナ」が3,000億円!サントリーが狙う大人炭酸市場

「オランジーナ」が3,000億円!サントリーが狙う大人炭酸市場

サントリーがフランスやスペインで長く愛され続けてきた果汁入り炭酸飲料『オランジーナ』を買収したのは2009年のこと。買収金額は3,000億円を越え、1980年代からM&A戦略に前向きだった同社にとっても大型の買収であり、当時、大いに注目を集めた。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333
Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544