menu
Social media

ビジネス

【企業力分析】巨人カラーの電車が株主の利益を下げているって!ほんと? 阪神電気鉄道

Cover e55ed6d5 af32 4569 b900 29c8d4ba9a27

「名前も言いたくないあの球団の色を変える予定はないのでしょうか?」と質問した阪急阪神ホールディングス㈱の株主。当事者である子会社・阪神電気鉄道㈱を取り上げました。同社は、鉄道事業、不動産事業スポーツ・レジャー事業(甲子園球場運営)を行っています。株主の利益は、企業の成長・発展により得られます。

急行電車をオレンジから黄色と黒のシマシマに変えれば達成できるのでしょうか。それとも・・・?

阪神電鉄の分析を俯瞰(ふかん)する

2017年3月期(個別財務諸表)までの5年間分析してみました。

企業力総合評価

左 営業効率、中 資本効率、右 生産効率

左 資産効率、中 流動性、右 安全性

企業力総合評価は、青信号領域を若干低位ですが安定しています。下位の各親指標は上の3つと下の3つで大きくイメージが異なります。上の3つの営業効率(儲かるか)、資本効率(株主視点)、生産効率(人の活用度)は、青信号領域を危なげなく推移しており、活力がある良い状況を示します。

下の3つ、資産効率(資産の活用度)、流動性(短期資金繰り)、安全性(長期資金繰り)は底値だったり、赤信号領域にどっぷりつかっていたり、赤青ゼロ判別にプロットされており、企業力総合評価が上がらないのはこれが原因であると考えられます。

資本効率を中心に考察する

今回は資本効率を中心に営業効率、資産効率、安全性を考察してみましょう。

下表から、営業効率(NO1~2)、資本効率(3~9)、資産効率(1,3)、安全性(3,4)の一部を推定できます。

[営業効率]
1の売上高は通期全て力強い増収、2の売上高経常利益率は、2015年に0.59%悪化したもののジワジワと伸びています。着実な増収とがっちり利益を確保、いいですね。

[安全性]
3の資産の合計額は2014年を除き増加しています。4の純資産合計は通期増加。2013年比は3より4が大きいので、資産規模拡大は「実(純資産)」がしっかりついていると判断できます。この2つから安全性の1指標である自己資本比率(純資産/総資産×100)が改善していることが分かります。

[資産効率]
1の売上高と3の資産合計の関係は売上高<資産合計。両者があまり変わらない業種が多い中、多大な設備投資を必要とする鉄道業はこのような不等式となり、資産効率は底値を這ってしまいます。

[資本効率]
さて、3~9の資本効率を構成する下位指標・数字の推移は2015年を除き、全て改善。ただ、2の売上高経常利益率が20.58%(2017年)の高水準なのに対し、6の総資本経常利益率は5.05%(2017年)と特別良いとも言えない数値となります。

財務分析に詳しい方ならお分かりと思いますが、鉄道事業は多くの設備を必要とするため、資産額は他の業種と比べ高額になります。ですから資産を分母とする資本利益率は売上高利益率に比べ低調になってしまうのです。

企業力分析

NEXT STORY

「スズキグループ国内取引状況」調査

「スズキグループ国内取引状況」調査

燃費試験データで不正工作を行った三菱自動車に引き続き、5月18日、軽自動車の燃費データ測定に関し、国と異なる方法で測定してことを公表したスズキ。不正の事実は、消費者の信頼失う。信頼失墜による販売や生産への影響は、下請け企業や販売店へ波及し、ひいては地域経済にも影響する。ここでは企業データで知られる東京商工リサーチがまとめたスズキの国内取引状況を紹介する。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb cc85b8b5 8edb 443a a273 78ca4504aa70