menu
Social media

ビジネス

【企業力分析】ココカラファイン 翌期成長するかの検証

Cover 2adf2ae5 258f 4373 aa9d c3d24c338847
※画像はイメージです

今回は、株式会社ココカラファインを取り上げました。日本全国にドラッグストア・調剤事業を主軸1300店舗展開する売上規模5位の会社です

2007年~20016年3月期までの10年間を分析してみました。

企業力総合評価

下位各親指標(営業効率、資本効率)

下位各親指標(生産効率、資産効率)

下位各親指標(流動性、安全性)

上記グラフを見て、今回の分析の主眼とすべきはどこであると考えますか。ズバリ、2016年に示されている「転じた成長トレンドは、今後も継続するか」です。

なぜその視点が最重要であるかは、2009~2015年までが緩やかな悪化トレンドであることが理由の1つです。そして、営業効率、資本効率、生産効率の企業の活動性を示す3親指標の不安定さが理由の2つ目に上げられます。

企業力分析

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【特報】「継続企業の前提(ゴーイングコンサーン)に関する注記」の東芝の分析 

【特報】「継続企業の前提(ゴーイングコンサーン)に関する注記」の東芝の分析 

東芝は2016年3月期決算において、悪化成り行き倍率1年が出ていました。悪化成り行き倍率とは、このトレンドで来期も行く場合、あと何年で破綻するかという指標です。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344