menu
Social media

ビジネス

【企業力分析】明治 VS 雪印

Cover 0eb60aef 7378 4e2a 87d9 d9471ba4dea9
画像はイメージです。

 今回は、明治ホールディングス<2269>(以下、明治HD)と雪印メグミルク<2270>の乳業大手2社を分析してみる。日本人なら誰でも子供の頃から、おなじみの会社である。乳業という共通事業のほか、明治HDはお菓子類、雪印メグミルクはバターなど乳製品類製造のイメージだが、実際はどうなっているのだろうか。
2010~14年までの5年を分析してみた。

■明治HD
■雪印メグミルク

 企業力総合評価は、明治HDは成長トレンド、雪印メグミルクは悪化トレンドと明暗が分かれた。その原因は営業効率以下の下位指標を見れば分かる。営業効率(もうかっているか指標)は、明治HDは改善トレンドだが、雪印メグミルクは、悪化トレンドである。資本効率(株主評価指標)も同様。

 生産効率(人の利用度)、資産効率(資産の利用度)は両社青信号領域である。流動性(短期資金繰り指標)は、両社、赤・青ゼロ判別当たりだが、明治HDが勝っている。安全性(長期資金繰り指標)は両社青信号領域である。

 明治HDは、営業効率が改善し、生産効率改善、流動性改善、安全性改善と善循環に入ってきているが、雪印メグミルクは、そうではない。

 営業効率をさらに詳しく分析してみる。両社は上場企業であるから、製品群別(個々の商品別)・地域別・顧客別など、細かく利益率を把握し、何が、どこが一番もうかるかを明確にしている。

 あなたの会社も、どこがもうかっていて、今後どの売り上げを増やすべきか、どれほどの利益率を確保すべきか明確に答えることができるだろうか? もし、これができていないとすれば、あなたの会社は「未来」を決められないまま、「未来」を迎えなければならない。


 明治HDは、医薬品事業をしている。食品事業が1兆152億円に対し、医薬品事業が1,351億円であるから、まだまだ規模は小さいのだが、営業利益率は医薬品事業がはるかに良いようだ。


 雪印メグミルクは、売上高は、飲料・デザート類事業が伸びており、乳製品を抜いた。しかし、13年までギリギリプラスであった営業利益率も14年マイナス(△0.99%)に割り込んだ。営業利益率の厳しい飲料・デザート事業の売り上げが伸びているのだから全体として、営業効率が悪化するわけである(その他:不動産賃貸事業および共同配送センター事業など)。

<まとめ>
 他社の事例研究は、情緒の入る隙がないため、自社分析する時に客観的評価を可能にする。事業に対する思い入れを排除して、まず数字の把握していただきたい。そして最後に意思決定していただきたい。意思決定まで及ばない事例も示した。

文:株式会社SPLENDID21 代表取締役社長 山本純子

山本 純子(やまもと・じゅんこ)

C7a25e34 dbf9 412e bd67 7b12a25e7712

岐阜県出身、奈良女子大学卒業。経営分析専門会社を経営。企業に対し、多変量解析を使った経営分析を研修、分析報告サービスも行っている。関西学院大学大学院経営戦略研究科で財務分析講座の教壇に立ち、後進の育成に努める。
会社概要はこちらから https://www.sp-2.com

トップコンサルタントの計数力

企業力分析

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【企業力分析】モノを言う株主村上氏 VS 黒田電気

【企業力分析】モノを言う株主村上氏 VS 黒田電気

物を言う株主村上世彰氏の長女、絢氏が最高経営責任を務めるC&Iホールディングスなどから売掛金を含めて244億円のネットキャッシュがあることを根拠に、配当性向100%を要求された黒田電気を専門家が分析。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344