RIZAPグループは堀田丸正が実施する第三者割当増資を引受け子会社化することを決議した。堀田丸正の株式62.27%を取得する。

堀田丸正は1861年創業で、アパレル素材・卸売メーカーとして海外生産・販売で実績がある。RIZAPグループは堀田丸正をアパレル事業部の中核企業として取り込み、川上である素材開発から企画・生産、川下である販売に至るまでのプロセスを一貫して行うSPA(製造小売業)としてのビジネスモデル強化を図る。

取得価額は19億2000万円。取得予定日は2017年6月28日。