ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【企業力分析】増加率のバランスがV字回復を阻む一因 ソニー

alt

今回は、ソニー株式会社について分析しました。売上高8兆1057億円、子会社1,327社、関連会社数110社、従業員数125,300人を擁し、モバイル・コミュニケーション、ゲーム&ネットワークサービス、イメージング・プロダクツ&ソリューション、ホームエンタテインメント&サウンド、半導体、コンポーネント、映画、音楽、金融及びその他の事業を営むコングロマリットです。

2007~2016年3月期までの10年を分析してみました。

企業力総合評価

下位各親指標(営業効率、資本効率)

NEXT STORY

【オリンパス】M&Aを粉飾に利用 医療を軸に再成長へ

【オリンパス】M&Aを粉飾に利用 医療を軸に再成長へ

2016/11/17

オリンパスというとカメラや内視鏡というイメージに加えて、財テクの失敗に端を発した事件で、粉飾にM&Aを利用したことで話題になった。かつては売上高1兆円の超優良企業であったオリンパスが、どんな経緯で不正に手を染め、M&Aを利用した粉飾を行ったのか。

関連のM&Aニュース