ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【三菱重工業】揺れる750社のグループ中核企業の今後は

alt
※画像はイメージです

 三菱重工業<7011>は、土佐藩士により1870年に発足した九十九商会(土佐藩から払い下げられた3隻で海運業を営む)の経営を土佐藩士であり三菱グループ創始者である岩崎弥太郎氏が1871年に引き受けたのがはじまりである。73年に九十九商会は三菱商会に改称、時代は下って1934年には船舶製造に重機、航空機、鉄道車両を加え、三菱重工業として新しいスタートを切ることとなる。

 戦後、三菱重工業は財閥解体のあおりを受け一時的に3社に分割したが、64年に3社合併し、現在の三菱重工業が誕生した。三菱重工業は、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、三菱商事<8058>と共に、現在750社ほどある三菱グループの中核を担っている。

 三菱重工業の主な事業ドメインは「エネルギー・環境」「交通・輸送」「防衛・宇宙」「機械・設備システム」の4つ。なお、70年には三菱重工業の自動車部門が独立し、後述する「三菱自動車」が設立される。

(三菱重工業有価証券報告書より抜粋)

 三菱重工業と同業他社を比較すると、売上規模・時価総額のいずれも他社を圧倒していることが分かる(下表)。

■総合重機

NEXT STORY

【今週のピックアップ】激動の電機業界他、日本企業の明暗まとめ

【今週のピックアップ】激動の電機業界他、日本企業の明暗まとめ

2016/03/19

モノづくり大国日本の象徴・電機業界の変化が激しい。日立、三菱電機は好調、パナソニック、ソニーは復調、シャープ、東芝は改革中……。最近のニュースや記事から他業界も含め動向をまとめた。

関連のM&Aニュース