menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【アインファーマシーズ】ピンチをチャンスに変える鮮やかなM&A

Cover ec50968b 653c 4b96 abf6 fd9a9b7e97e9
画像はイメージです。

臨床検査受託からドラッグストア、
調剤薬局へ苦境をも乗り越える
M&A戦略はまさにお手本
 アインファーマシーズ<9627>は、1969年に臨床検査受託の会社として設立され、創業当時の社名は「第一臨床検査センター」だった。創業以来順調に業績を伸ばし、89年にはドラッグストア事業に、93年には調剤薬局事業に参入し、94年には店頭公開(現・東証JASDAQ)を果たしている。まさに破竹の勢いである。
 しかし、勢いは長くは続かなかった。本業では、本州系の同業との競争が激化したほか、多角化事業の不振がダブルパンチとなって足を引っ張り、経営危機に陥る。その窮地を乗り切るための切り札となったのが「本業の売却」と「資本提携」であった。

 当時の臨床検査業界は、トップ3社のシェアを合計しても10%程度と寡占化が進んでおらず、第一臨床検査センターのポジションは盤石とは言えなかった。そこで臨床検査事業を同業大手のビー・エム・エルへ売却することを決断する。ビー・エム・エルが「第一臨床検査センター」(現・第一岸本臨床検査センター)の商号を引き継いだため、このとき「アインファーマシーズ」に社名を変更する。ちなみに「アイン」はドイツ語で「第一」の意味である。

 残った調剤薬局事業で勝ち抜くためにパートナーとして選んだのが丸紅であった。第三者割当増資潜在株式を含めて20%程度を丸紅に割り当てたほか、子会社のアインメディカルシステムズの第三者割当増資も丸紅に対して行った。なお、アインメディカルシステムズは後に買い戻され、再びアインファーマーズの子会社となっている(さらにその後、アイン本体に吸収合併)。

 まるでお手本のようなM&Aで会社の苦境を乗り切り、大手商社の信用と増資による軍資金を得た同社は、今度は攻めのM&Aに転ずる。

アインファーマシーズの沿革と主なM&A

年月沿革と主なM&A
1969.8受託臨床検査の会社として設立(当時の社名は第一臨床センター)
1989.5オータニを吸収合併、ドラッグストア6店舗を承継
1993.5北海道・旭川市に処方せん保険調剤薬局「第一薬局」(現・アイン薬局富岡店)を開局
1994.3株式を店頭公開(現・東証JASDAQ)
1997.6ホームセンター事業をカウボーイに営業譲渡
1998.10臨床検査事業をビーエムエルに営業譲渡
1998.11社名をアインファーマシーズに変更
1999.2丸紅と業務資本提携。丸紅はアインに21.8%を出資するとともにアイン子会社のアインメディカルシステムズの増資も引き受け、50.6%を出資して子会社化
2002.6ナイスドラッグと業務提携
2002.11今川薬品(売上高100億円、44店舗)と合併(対価23億円)
2004.5ナイスドラッグ(売上高61億円、10店舗)を完全子会社化
2003.11ナイスドラッグの株式を18.31%取得
2004.12アインメディカルシステムズ(売上高87億円)に対する出資比率を34%から47.9%へ引き上げ、子会社化(6億円)
2005.4リジョイス(売上高30億円、16店舗)の株式87%とリジョイス薬局(売上高45億円、14店舗)の株式100%をSRLから合計47億円で買収
2005.11アインメディカルシステムズに14億円を追加出資(46.8%⇒76.21%)
2006.4ダムファーマ(売上高17億円、16店舗)およびメディカルハートランド(売上高5億円、4店舗)を10億円で買収
2006.6たんぽぽ薬局およびその親会社のトーカイと業務提携
2007.1ダイチク(売上高85億円、18店舗)を55億円で買収
2007.2ハイレンメディカルの親会社のハイレンの株式を15%取得(1300万円)
2007.6あさひ調剤(売上高162億円、86店舗)を80億円で買収
2007.10CFSと株式移転による経営統合を発表(後日CFS株主総会で否決)
2007.11サンウッド(売上高9億円、5店舗)を3億8000万円で買収
2007.12リジョイス株式13%を三井物産から1億5000万円で追加取得し、完全子会社化
2008.6アインメディカルシステムズを簡易株式交換により完全子会社化
2008.8セブン&アイ・ホールディングスと資本提携、7.8%の株式を割り当て16億円を調達
2009.5セブン&アイ・ホールディングスと合弁会社設立
2009.8アインメディカルシステムズがリジョイスを吸収合併
2009.8公募増資で24億円を調達
2009.9アイン東海とリジョイス薬局が合併、アインメディオとなる
2010.4サンウッドをアインメディオに吸収合併
2010.9公募と第三者割当で47億円を調達(第三者割当増資の相手はセブン&アイ・ホールディングス)
2011.4メディカルハートランドをアイン本体に吸収
2012.8アインメディアカルシステムを吸収合併
2014.11総合メディカルと業務提携
2015.1メディオ薬局(売上高59億円、52店舗)を60億円で買収
2015.6純粋持ち株会社に移行すると発表
2015.6資生堂からアユーラボトリーズ(売上高27億円)を買収

ドラッグストア大手との経営統合失敗も
そして流通大手との資本提携で見事な反転攻勢
 上図からも分かるように、その後アインファーマシーズは、大型のM&Aだけでも今川薬品との合併(23億円=買収金額。以下同)、リジョイス(45億円)、ダイチク(55億円)、あさひ調剤(80億円)、メディオ薬局(60億円)と、かつての苦境が嘘のような勢いでM&Aを進めていく。これら以外にも公表されていない小規模なM&Aは数多く行っている。調剤薬局は小売業であるため、小型のM&Aは「出店」という意味合いが強いが、実際に同社の2006年以降の出店の60%近くがM&Aによるものである。

アインファーマシーズ新規出店の内訳(2006年以降)

アーカイブス

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【今週のピックアップ】地場ネットワークのM&Aでますます拡大する大手

【今週のピックアップ】地場ネットワークのM&Aでますます拡大する大手

ホームセンター、ドラッグストア、コンビニチェーン、スーパー、クリーニング店、家電量販店など、地場に展開する店舗網を、大手が買収する例は多い。中には広い商圏をカバーするもの同士が合併する場合もある。今週はそんな事例を振り返る。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92