menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【イオングループ】M&Aで仕掛ける流通再編の行方は

Cover dd3cc37b c2d0 4f09 b7b4 a0b6a925b42e
画像はイメージです。

国内小売業初の売上高7兆円突破

 イオングループ<8267>のルーツは、さかのぼること250年以上前の1758年、初代・岡田惣左衛門が太物・小間物商を三重県・四日市市で創業したことによる。株式会社化は1926年(昭和元年)で、資本金は25万円であった。69年にジャスコを設立し、現在では連結子会社284社、持分法適用会社31社、グループ売上高7兆円を超える企業集団となっている。売上高7兆円は、国内小売業初である。なお、2016年2月期の売上高見込額は8兆円である。

小売業でグループの75%の売り上げ達成
ドラッグ・ファーマシー事業が成長

 グループで行っている事業は、主に、「GMS」(総合スーパー)事業、「SM・DS・小型店」事業、「総合金融」事業、「ディベロッパー」事業、「サービス・専門店」事業、「国際」事業である。かつてのイオングループは小売業のみであったが、近年はさまざまな事業を展開し、各事業の強化の一環としてM&Aも有効活用している。なお、小売業(GMS事業およびSM・DS・小型店事業)でグループ全体の75%強の売り上げを計上しており、まだまだ小売業がメインであるが、小売業以外の事業、中でもドラッグ・ファーマシー事業が順調に成長している。イオングループは、各事業がそれぞれグループの大きな柱となることを目標に事業を推進している。

■イオングループが行った主なM&A

年月 内容
1991.9 ホームセンター大手のケーヨーと相互株式持ち合いによる資本業務提携、64億円を投じてケーヨーに5.02%を出資
1992.1 ジャスコとケーヨーが、北海道のホームセンター大手の石黒ホーマ―と相互株式持ち合いによる資本業務提携
石黒ホーマの第三者割当増資の引き受けにより、ジャスコは39億円で8.0%、ケーヨーは2.1%の株式を取得
1994.3 青森県で百貨店を営む中三と相互株式持ち合いによる資本業務提携
1994.11 酒類ディスカウントストア最大手のやまやと相互株式持ち合いによる資本業務提携
1995.1 北海道の大手ドラッグストアのツルハ(売上高295億円)と資本業務提携
ツルハの第三者割当増資により15%の株式を取得
1997.10 ジャスコは、会社更生法適用を申請したヤオハン・ジャパンの支援を発表
(ヤオハン・ジャパンは00年3月にヤオハンに社名変更)
1999.1 ツルハと共同して調剤薬局チェーンのクラフトに資本参加、20%の株主となる
1999.8 ツルハと共同して九州のドラッグストアチェーンのドラッグイレブン(売上高149億円)と資本業務提携
ドラッグイレブン株式をジャスコは6億円を投じて20%、ツルハは5%を取得
2000.1 ツルハと共同して愛知県を地盤とするドラッグストアのスギ薬局(売上高295億円)に資本参加
スギ薬局株式をジャスコは10%、ツルハは3%を取得
2000.4 神奈川県・静岡県を地盤とするドラッグストアのハックキミサワ(売上高3800億円。後にCFSコーポレーションと社名変更)と相互株式持ち合いによる資本業務提携
ハックキミサワの第三者割当増資に応じ24億円で株式を15%取得
2000.4 兵庫県を地盤とするドラッグストアのタキヤ商事(売上高124億円)と相互株式持ち合いによる資本業務提携
ハックキミサワの第三者割当増資によりジャスコは株式を30%、スギ薬局およびツルハは合計で15%取得
2001.11 民事再生法適用申請中のマイカルの再建支援企業にイオン(旧・ジャスコ)が選定される
選定後、マイカルの民事再生法手続中止を申し立て、会社更生法適用への変更の申請を行った
2002.2 民事再生手続き中の九州のスーパーを営む寿屋から50店舗取得
2002.5 茨城県を地盤とするドラッグストアの寺島薬局(売上高5710億円)と相互株式持ち合いによる資本業務提携。寺島薬局の第三者割当増資により4億8400万円を投じて株式の12%を取得
2002.5 スーパーを営むいなげや(売上高2133億円)の株式の26.1%を157億円で不動産会社の秀和から取得
2002.11 会社更生法手続き中のマイカル九州(売上高690億円)の再建支援企業にイオンが選定
2003.6 関東地盤のスーパーのカスミと資本業務提携、株式の15%を取得
2003.8 東北を地盤とするホームセンターを営むサンデーと資本業務提携。サンデーの大株主である吉田産業グループから10億円でサンデー株式20%を取得
2004.2 子会社である健康関連商品販売および化粧品事業を営むロイヤル・コスモの株式のすべて(90.6%)をヤマノホールディングコーポレーションに譲渡
2004.7 連結子会社であるイオンディライトがビルメンテナンス事業を営むあさひ銀ビル管理を買収
2004.12 連結子会社であるイオンディライトが総合ビル・マンション管理を営むタワーズを買収
2005.3 イオンが、戦略的資本提携として、総合小売業を営むカルフール・ジャパン(世界第2位の小売業であるカルフールの子会社)の全株式を取得
2005.12 ツルヤ靴店(売上高153億円)の株式の18.03%を取得し、業務資本提携
2006.2 米国孫会社が婦人服やアクセサリーの小売業を営むThe J. Jill Groupを5億1700万ドルで買収
2006.3 イオンが、弁当・総菜販売および飲食業を営むオリジン東秀(売上高474億円)を526億円で公開買付により買収)
2006.4 連結子会社であるイオンファンタジーが、ショッピングセンター内のアミューズメント施設の設置運営を行うマイカルクリエイト(売上高102億円)の株式を51億円で買収し、吸収合併
2006.4 ホームセンターを運営するサンデー(売上高358億円)の株式の50.1%を20億円で取得、子会社化
2006.7 資本業務提携としてスーパーマーケットを運営するベルク(売上高810億円)の株式の10%を取得
2007.3 イオン、ダイエーおよび丸紅の3社間で、ダイエー(売上高1兆469億円)の自主再生への協力を目的とする資本・業務提携の合意。資本・業務提携に伴い、丸紅が所有するダイエー株式をイオンが462億円で取得。丸紅に次ぐダイエーの第2位株主(出資比率15.12%)に
上記の資本・業務提携に伴い、ダイエーが所有するマルエツ株式をイオンが165億円で取得し、丸紅に次ぐマルエツ(売上高3204億円)の第2位株主(21.27%出資)となる。
その後、07年7月にイオン、マルエツ、丸紅の3社間で業務提携を締結
2007.5 連結子会社であるイオンディライトがコンビニ、ファーストフード、飲食店などの小型商業施設に特化した施工・メンテナンスを行うエイ・ジー・サービス(売上高35億円)の株式の20.4%を第三者割当増資引受けにより取得
2007.9 07年7月にイオン、マルエツおよび丸紅の3社間で締結した業務提携の効果を一層高めるため、イオンがマルエツ株式をダイエーから92億円で取得し、出資比率が31.9%に
2007.9 橘百貨店の株式を事業再生コンサル業のクアトロエグゼキューションズに売却
2007.12 食品スーパーマーケットを運営する光洋(売上高423億円)の株式の89.9%を取得し、子会社化
2008.5 ドラッグストアおよび調剤薬局の運営を行うCFSコーポレーションと業務・資本提携、22億8000万円を投じて33.3%を取得
2008.8 ドラッグストアおよび調剤薬局を運営するシミズ薬品(売上高118億円)と業務・資本提携、株式の30%を取得
2008.10 イオンディライトがビルメンテナンスを営む環境整備(売上高79億円)の株式の40%を買収
2008.9 ツルヤ靴店(売上高306億円)の株式の約8%を5億円で公開買付により追加取得。出資比率が26.90%になる
2009.4 イオンディライトが、ビルメンテナンスを営むドゥサービス(売上高66億円)の株式の40%を買収
2009.6 米国の孫会社がJ.Jill事業を譲渡
2010.5 CFSコーポレーション(売上高1456億円)を買収(公開買付と第三者割当増資)。40億円を投じて出資比率を50.08%に引き上げ
2011.1 サンデーの株式を公開買い付けにより追加取得、11億円を投じて出資比率が53.84%から77.04%に
2011.2 パルコの株式の12.31%を85億円で取得(市場内取引及び既存株主からの相対取引)
2011.4 イオンディライトが家事支援サービスを運営するカジタク(売上高5億円)を子会社化
2011.4 イオンディライトがエイ・ジー・サービス株式を追加取得、子会社化(出資比率が54.8%に)
2011.8 SC、SM、飲食店等の企画開発を行うロック開発(売上高172億円)に追加出資して子会社化
2011.10 食料品、衣料品の販売を行うマルナカ(売上高2053億円)を364億円で買収(出資比率94.96%)
2011.10 食料品、衣料品の販売を行う山陽マルナカ(売上高1241億円)を85億円で完全子会社化
2011.12 子会社のイオンフィナンシャルサービスが、リフォームローンなどを行う東芝ローンサービス(売上高40億円)に51.0%を出資、子会社化(出資額46億円)
2012.6 加工食品の卸売を行うテスコジャパン(売上高550億円)の株式の50%を1円で買収、子会社化
2012.7 ドラッグストアを経営するザクザク(売上高354億円)と業務・資本提携、15%を出資
2012.9 イオンディライトがアウトソーシング導入コンサルティングなどを行うジェネラル・サービシーズ(売上高3億円)を子会社化(出資比率51.01%、出資額3億円)
2012.11 仏カルフールより、マレーシアでハイパーマーケット事業を行うMagnificient Diagraph(売上高16億9700万マレーシアリンギット)株式を1億4700万ユーロで買収
2013.1 三菱商事より、テレビショッピングやカタログ通販を行うデジタルダイレクト株式を買収
2013.4 イオンフィナンシャルサービスが信用保証、保証業務、債権買取などを行う東芝ファイナンス(売上高1057億円)を61億円で買収
2013.7 イオンディライトが、建物保守管理を行う武漢小竹物業管理有限公司(中国、売上高3400万元)を1530万元で子会社化(出資比率51%)
2013.8 ダイエー(売上高7728億円)を130億円で子会社化(公開買付)、44.24%を出資
2014.9 スーパーマーケットのレッドキャベツ(売上高307億円)の株式の86.7%を買収
2014.9 子会社であるダイエー(売上高8136億円)を株式交換により278億円相当で完全子会社化
2014.11 調剤併設型ドラッグストアチェーンの運営を行うウエルシアホールディングス(売上高3607億円)に224億円を追加出資(37.41%→50.15%)、子会社化

アーカイブス

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【アークス】北海道のスーパーの雄が仕掛けるM&A戦略とは?

【アークス】北海道のスーパーの雄が仕掛けるM&A戦略とは?

北海道および東北地方を中心に店舗を展開するスーパーマーケットチェーン、アークス。同社が「総攻撃」と表現する設備投資の多くは、積極的なM&Aによるものだ。生活密着型の業種ならではのM&A戦略とは?


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344