menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【花王】異業種参入M&Aの雄が行った大型買収の効果は?

Cover 69765e66 f7b5 4e6c afcb ac3181e0d7f8
※画像はイメージです

 花王<4452>は、1887年(明治20年)創業の大手生活用品メーカーである。1890年(明治23年)に発売した「花王石鹸」が事業拡大の起点となっている。

 現在は、「ビューティケア事業」「ヒューマンヘルスケア事業」「ファブリック&ホームケア事業」の3事業でコンシューマ向け商品を展開する一方、「ケミカル事業」で工業製品を展開している。2015年12月期連結売上高1兆4717億円、連結営業利益1643億円。日用品売上高は、国内第1位を誇り、化粧品売上高でも資生堂に次いで第2位の規模を持つ大手企業である。

■花王が行った主なM&A

年月 内容 買収金額 売上高 出資比率(%)
1977 スペインのモーリンズ イ プーチョナウを買収
1986.5 カナダのDidak Manufacturingを買収
1987.7 米国のHigh Point Chemical Corporationを買収
1988.5 米国のThe Andrew Jergens Company(現・Kao USA)を買収
1989.5 ドイツのGoldwell(現・Kao Germany)を買収
1992.10 ドイツのChemische Fabrik Chem-Y (現・Kao Chemicals)を買収
2002.9 高級ヘアケア製品メーカーのジョン フリーダを4億5千万ドルで買収 4億5000万ドル
2004.4 花王販売(所有割合53.72%)を株式交換により5009億円にて完全子会社化 株式交換 5009億4900万円 53.72→100
2005.10 高級化粧品ブランドの英国のモルトン・ブラウン社(売上高87億円)を340億円で買収 34,000百万円 87億円 0→100
2005.12 カネボウ化粧品(売上高1555憶円)の株式86%を2634億円にて取得し子会社化 2634億0100万円 1555億5800万円 0→86
2006.2 カネボウ化粧品の株式を追加取得し156億円にて完全子会社化 156億2400万円 86→100

 花王は1960年代から海外展開を行い、70年代には既にM&A実績があり、スペインの企業を買収している。

 86年5月、情報関連事業進出のためカナダのDidakを買収した同社は、主力商品のフロッピーディスクの売り上げは一時、全世界シェアの15%、自社売り上げの10%の約800億円を占めていたが、市場の縮小により98年に同事業から撤退している。以降は本業の化学品事業に回帰し、他事業の買収は実施していない。

アーカイブス

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

 【M&A相談所】自社の売却、いつどう説明すべき?~その時どうする?

【M&A相談所】自社の売却、いつどう説明すべき?~その時どうする?

後継者がいない、後継者問題。会社の譲渡によって解決を考えるが反対が予想される妻と従業員、そして取引先にいつどう説明するべきなのか?そして知らせる際のポイントとは何なのだろうか。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333