三菱重工業は株式の37.2%を保有する製氷、空調機器メーカーの東洋製作所の全株式をTOBで取得し、完全子会社化する。東洋製作所は三菱重工とニチレイの共同出資会社で、三菱重工はニチレイの保有する10.5%をはじめ、全株式の取得を目指す。

製氷や空調などの冷熱分野の事業環境が厳しくなっており、完全子会社化によって、両社の連携を強化し、シナジー効果を生み出すのが狙い。

買付価格は1株当たり542円で、買付総額は71億1100万円。買付期間は2013年5月31日から2013年7月11日まで。