ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【コロワイド】市場縮小もM&Aにより成長軌道へ

alt
画像はイメージです。

M&Aによる成長で、
ワタミを抜き業界5位に

 1963年創業のコロワイド<7616>は、神奈川県・逗子を起点とし、手づくり居酒屋甘太郎の居酒屋事業を原点としている。97年、外食産業の市場規模は29兆円と大きなものであった。しかし、2011年の市場規模は24兆円と2割減少した状況下、コロワイドはM&Aを繰り返すことで売り上げを伸ばし、成長を可能としてきた。

 02年の平成フードサービスの買収を皮切りに、現在まで15社のM&Aを繰り返している。現在、外食産業における売上高ランキングでは、ワタミを追い抜き第5位の位置にある。特にコロワイドのM&Aの中で注目すべきは、12年の牛角を展開するレックス・ホールディングスの買収と、15年のかっぱ寿司を運営するカッパ・クリエイトホールディングスの買収である。これにより同社は、今期よりコロワイドの連結子会社となる。連結での売上高は2500億円弱を見込んでおり、15年度は日本マクドナルド・ホールディングスを追い抜き、業界第3位に浮上することが予測される。

■2014年度のコロワイドと飲食産業他社の売上高

NEXT STORY

【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

2016/01/06

鬼門が決定的になった破綻会社から、良くないことが現実化してしまった会社、鬼門から直ぐに退避すべき18社を取り上げました。ワールド・ロジ、青木建設、エルピーダメモリ、NOVA、真柄建設、日本航空、カッパ・クリエイト、ワタミ、あきんどスシロー、パナソニック、シャープ、ニッセンホールディングス、コロワイド、ゼンショーホールディングス、サンデー、イオン、井村屋グループ、三越伊勢丹ホールディングスです。