menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【アサヒグループホールディングス】欧州ビール事業4社大型買収までの布石

Cover adb42cdc 06a4 4712 b1b3 19024a026071
画像はイメージです。

欧州ビール事業4社大型買収までの布石

 1869年に初めて日本で発売されたビール。そこに端を発する我が国のビール産業は、酒税法と免許制によって保護された典型的な規制産業であった。ただ昨今は国内需要の大幅な伸びは期待できず、限られた市場でのシェア争いが繰り広げられている。戦後は長らくキリンビールがシェアトップに君臨してきたが、アサヒグループホールディングス<2502>(以下アサヒ)。が87年に販売した「アサヒスーパードライ」の大ヒットがその勢力図を一変させ、アサヒが首位を奪取したのは記憶に新しい。

 しかしながらその後、酒税法改正などにより2000年以降の国内ビール市場は縮小に転ずる。ビールに代わり、発泡酒や新ジャンル(いわゆる第3のビール)が売上数を伸ばすこととなるが、市場のシュリンクを食い止めるほどには至っていない(下図グラフ参照)。

(出典:アサヒ2015年第2四半期ファクトブックより)

■アサヒの海外戦略

 そこで重要となるのが海外戦略である。近年でこそ、アサヒによる巨額な海外投資が目を引くが、振り返ると海外戦略には大きな失敗があった。

 91年、アサヒはビールの世界市場進出を目指し、オーストラリアでシェア第1位のビール会社、フォスターズ社(以下、フォ社)に対して840億円の出資を行った。フォ社への出資に伴う負債の金利分は、フォ社からの配当で賄うはずであったが、実際は配当どころではなかった。経営内部の対立で経営再建もできず、結局、97年にアサヒは保有していたフォ社株の大半を売却してしまったのだ。売却により550億円戻ったものの300億円近い投資損となり、アサヒの海外戦略は失敗に終わった。

 その後、売上拡大の一方で効率化を掲げ、年間規模で100億円規模のコストダウンを進めるため00年代前半には財政の再建に取り組んだ。その結果、00年代中盤から再び海外、特に中国およびオセアニアを中心とした海外への投資を再開することとなる。

 アジア、オセアニア地域に加えて欧州での事業の拡大を図る経営計画を策定。16年2月には、ベルギーのビール世界最大手アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ベルギー)との間で、英国ビール大手のSABミラーが保有するビールブランド「ペローニ」と「グロールシュ」「ミーンタイム」など欧州4事業を買収することに合意したと発表した。アサヒの15年12月期の海外売上高比率は13.5%だったが、この買収により、海外売上高比率は約18%に拡大する見込みとしており、同業他社に比べ遅れが目立っていた海外展開を強化した。

アーカイブス

関連のM&Aニュース

アサヒグループHD<2502>、子会社をPEファンドへ譲渡

アサヒグループホールディングス<2502>、中東欧5ヵ国のビール事業子会社化

アサヒグループホールディングス株式会社<2502>、持分法適用関連子会社を売却

アサヒグループホールディングス<2502>、欧州ビール事業会社4社を子会社化へ

アサヒビール、ワイン販売大手のエノテカを買収

アサヒグループの海外子会社がマレーシアの乳製品事業各社の買収を発表。

アサヒグループホールディングス<2502>、PT Multi Bahagiaとの合弁会社の設立を発表。

アサヒグループホールディングス<2502>、カルピスを子会社化。

アサヒグループホールディングス<2502>、ニュージーランド・豪州酒類会社に関する株式を取得

アサヒグループホールディングス<2502>、マレーシア飲料会社を買収

アサヒグループホールディングス<2502>、ピー・アンド・エヌ・ビバレッジズ・オーストラリアを子会社化。

アサヒグループホールディングス<2502>、ニュージーランドのCharlie’s Group Limitedの株式の公開買付を開始。

アサヒビール<2502>、豪州飲料会社の株式を取得、子会社化

アサヒ飲料、ハウス食品<2810>からミネラルウォーター「六甲のおいしい水」事業を取得

NEXT STORY

【業界最前線ブログ】「ファッション流通の現場」(1)ユニクロは中国の売上高が日本を上回るという快挙を 実現できるだろうか?

【業界最前線ブログ】「ファッション流通の現場」(1)ユニクロは中国の売上高が日本を上回るという快挙を 実現できるだろうか?

2015年12月、ユニクロの海外店舗数が国内店舗数を上回った。今シリーズは、ファッション流通の現場から齊藤孝浩氏がお送りするシリーズ第1回目です。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344