【日本調剤】医薬分業という企業理念が支えるM&A戦略とは

*1年以上前に公開。掲載情報は公開当時のもの。
alt
画像はイメージです。

貫かれる「医薬分業」の企業理念
M&Aから見える薬局への思い
 日本調剤<3341>は、ここ15年の間に売上高が206億円から1,818億円へと8.8倍に、経常利益は2億8,000万円から60億円へと20倍以上にまで急成長した(下図参照)。ただ、業績の拡大に目を奪われがちだが、それはあくまで結果である。同社を急成長に導いているのは、まさに「医薬分業」という企業理念そのものだ。日本調剤のここまでのM&Aの歴史と関連事項をまとめてみた。

■日本調剤の売上高、経常利益の推移

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。