menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【日立製作所】危機から一転好調へ。選択と集中にM&Aを活用

Cover d5fd8cbc 4e0b 42d6 b4b0 e36ecbd4441c

画像はイメージです。

リーマン・ショックを機に業態転換を迫られた
日本最大の総合電機メーカー

 日立製作所<6501>(以下、日立)は、1910年(明治 43年)、久原鉱業所日立鉱山付属の修理工場として創業した総合電機メーカーである。現在は、電力やエレベーター、エスカレーターなどの昇降機、建設機械、鉄道などのインフラから情報通信、ビッグデータなどのIT(情報技術)、電子部品、家電など幅広い事業を手掛けており、2015年3月期の連結売上高は約9兆7千億円、当期純利益は約2400億円、グループ従業員は約33万人の巨大企業グループである。

 90年のバブル経済崩壊以降、同社の業績は低迷が続く。99年3月期には半導体メモリの価格の下落、エアコン販売の業績不振、情報・エレクトロニクス部門と家庭電器および電力・産業システム部門の人員整理、資産売却に伴う評価損などにより、最終損益は3000億円を超える大幅な赤字を計上した。そして、00年代に入ると業績は一層悪化した。02年3月期に再び大幅な赤字に転落、そのまま回復の兆しが見られないままリーマン・ショック後の09年3月期には、国内製造業で過去最大の8000億円近い最終赤字を計上した。

 長期に渡る業績低迷を受け、同社が取った戦略は選択と集中だった。技術的な優位性を生かすため、情報通信と社会インフラを中心としたビジネスモデルに転換し、市場において強みのない事業の撤退を進めた。

グループ会社の再編により
回復した業績

 同社がまず行ったのは、グループ企業の完全子会社化による日立本体の増強であり、09年10月に立て続けにグループ上場子会社を完全子会社化した。日立は伝統的に独立採算制をとってきたため、グループ内での事業が重複し非効率であった。また、事業の適正配置が長年の経営課題になっており、上場企業の完全子会社化は日立以外の株主に配当として利益が流出するのを防ぐ狙いもあった。

 こうして主要グループ会社40社のうち社会インフラ関連に近いグループ会社は日立本体に近づけ、そうではない子会社は遠ざけるという戦略的再編が行われた。09年には19社あった上場子会社を、12年までに11社に絞った。
子会社の再編が奏功し、11年3月期の当期純利益は2388億円と90年度の2301億円を上回り史上最高の利益計上となった。

 新興国向けを中心に建設機械部門、エレクトロニクス、自動車関連分野の需要の回復に伴い、高機能材料やオートモティブシステムの各部門などを中心に11部門が黒字化となった。半世紀余り続いたテレビ生産からの撤退を含め、事業構造改善費用、固定資産売却損などの営業外費用を引き続き計上したものの、税引前利益が前期比6.8倍の4322億円になった。加えて、最終利益は法人税等が前期の上場子会社5社の完全子会社化に伴い繰延税金資産の取り崩しがなくなったため、法人税等が減少したことも寄与した。

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

関連のM&Aニュース

日立工機<6581>、HKホールディングスによる公開買付けに賛同を表明

日立製作所<6501>、子会社の日立キャピタル<8586>を三菱UFJ系列2社へ1081億円で譲渡

日立製作所<6501>、子会社の日立物流をSGホールディングスへ875億円で譲渡

リョーサン<8140>、日立製作所<6501>のミリ波IC事業を譲受け

日立製作所<6501>、英国ホライズン・ニュークリア・パワー社を買収。

日立製作所<6501>、ウエスタンデジタルへハードディスクドライブ事業を譲渡。

中小型ディスプレイ事業を統合

日立製作所<6501>、三菱電機<6503>、三菱重工業<7011>、水力発電システム事業を統合

日立物流<9086>によるバンテック<9382>の株式に対する公開買付が終了

日立製作所<6501>三菱電機<6503>三菱重工業<7011>、水力発電システム事業の統合に関して基本合意

日立製作所<6501>三菱電機<6503>三菱重工業<7011>が水力発電システム事業の統合に向け合意

日立製作所<6501>、関連子会社5社の公開買付けが終了

NECエレクトロニクス<6723>とルネサス テクノロジが事業統合

日立<6501>、上場子会社5社株式のTOB開始

日立グループ事業再編

NEXT STORY

【M&Aだけではない! 西堀流会社継続学】多様化すべき中小企業の事業継続支援(3)

【M&Aだけではない! 西堀流会社継続学】多様化すべき中小企業の事業継続支援(3)

長く新規上場企業向けの情報サイト「東京IPO」の編集長を務め、IPOを目指す企業の支援や助言を行ってきた日本ビジネスイノベーション代表取締役の西堀敬氏に、現在のIPOの状況と、中小企業にとっての事業継続について聞いた。


注目の記事

Thumb 92b587ec 0671 471d 8dd3 5d58627a4ed4

英投資ファンド・ペルミラの誤算、スシローは回転しすぎてもはや賞味期限切れに

M&A Online編集部です。今回から隔週でビールを飲む理由@麦とホップさんによる「フードビジネスとM&A」の連載が始まります。今回はスシローを中心に回転寿司ビジネスをテーマにお届けします。

Thumb 7ef6eb2f f6ad 41d2 a879 e351e640771d
Thumb f3c648a3 4804 433a 8d16 1aecd7a2a8fe
Thumb d5fd8cbc 4e0b 42d6 b4b0 e36ecbd4441c