積極的に広告宣伝を行うことで顧客数を増加

 健康コーポレーション<2928>は、健康食品の通信販売を目的に2003年に設立され、現在は美容・健康関連事業、アパレル事業、住関連ライフスタイル事業、エンターテインメント事業を営んでいる。

 美容・健康関連事業は、「結果にコミットする」というCMで一躍有名となった「RIZAP(ライザップ)」により予想を大きく上回る成長を見せている。その源泉は他のフィットネスジムに比べ高収益率を誇り、資金力を元に積極的に広告宣伝を行うことで、顧客数の大幅増加を実現させている。

 その他の事業については、下記の通り、美容・健康関連事業とのシナジーを生む可能性の高い事業を、いずれもM&Aによる子会社化に伴い開始している。

時価総額は1,000億円に達し、海外店舗も増加させ業績絶好調の健康コーポレーションが今後の戦略として重要視するのは、介護予防に関する取り組み、ヘルスケアの強化など、シニア層へのアピールだ。
他の大手フィットネスジムに比べ、健康コーポレーションの顧客層は60歳以上のいわゆるシニア層の構成比が極端に小さいため、シニア層に向けたプロモーションを本格化させることで更なる成長が見込めるためである。