menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【LIXILグループ】海外M&Aに翻弄されながらもM&Aで1兆円企業へ

Cover 18c6eb09 fbfa 4cd7 a766 de542eb4611b
画像はイメージです。

合併・再編を繰り返し
誕生したLIXILグループ

 M&Aを繰り返して事業領域を広げ、住生活産業に関わる子会社208社、関連会社85社(2015年3月末時点)を傘下に持つLIXILグループ<5938>は、業界では国内最大級の企業である。
同グループは、INAXトステム・ホールディングス(2001年)、住生活グループ(04年)を経て、11年にトステム、INAX、新日軽、サンウエーブ工業(製造部門を除く)、東洋エクステリアのメーカー5社が統合し誕生した。

M&Aを活用し事業を拡大した
LIXIL前身のトステム
 
トステムは1992年にトーヨーサッシから社名をトステムに変更した。その背景には、アルミサッシ事業に依存した事業形態からの脱皮と、事業拡大によるさらなる成長という意図があった。

 トステムは85年に東証2部に上場して以降、三井軽金属加工からの営業譲受、明和工業、日鐵カーテンオール、日鐵サッシ販売を立て続けに買収。87年には東証1部に上場し、88年に協同ベニヤをグループ会社化、90年にアルナサッシを買収。00年には鈴木シャッター工業を株式交換により完全子会社化している。

 M&Aにより順調に事業を拡大してきたトステムであったが、国内住宅市場は成熟しており、住宅業界全体として大きな転換期を迎えていた。そこで、トステムはこれまで以上に、キッチンはキッチン、トイレはトイレ、玄関は玄関と分割した事業ではなく、総合的な住空間のプロデュースが行えるよう、更なる事業拡大を目指していた。

 こうした中、トステムにとって飛躍的な事業拡大への契機となったのがINAXとの合併であった。

TOTOに対抗するため
トステムとの合併を決断したINAX
 
INAXは、もともとTOTOと同じ森村グループに属していた。森村グループは、ノリタケカンパニーリミテッド、TOTO、日本ガイシ、日本特殊陶業の主力4社での連結売上高の合計金額が1兆円を超す世界一の陶磁器産業グループである。これら主力4社のうちTOTOは衛生陶器の製造販売において、INAXと大部分で競合していた。

 トステムとの合併前、INAXとTOTOの衛生陶器における国内市場シェアは、それぞれ約30%と約60%で、TOTOがINAXを圧倒していた。そうした状況の中、国内住宅市場のシェアの奪い合いは激しさを増していた。

こうした中、INAXは資金力がなければいつまで経ってもTOTOに対抗できないと考え、トステムとの合併を機に森村グループから離脱し、トステムと共にトータル的な生活空間のプロデュースが行えるよう業態の転換を図った。
そして01年10月、INAXはトステムと経営統合し、INAXトステム・ホールディングスが発足した。その際、トステムとINAXの株式の比率は6:4で、INAXは事実上トステムに吸収合併されることとなった。

アーカイブス

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【著名会計事務所に聞くM&Aの現場】企業価値の計り方(第3回)

【著名会計事務所に聞くM&Aの現場】企業価値の計り方(第3回)

M&Aでは企業価値評価が鍵になるが、日本企業の大多数を占める中小企業の評価はどのようにするのか。企業再生やM&A案件で豊富な経験を持つ、髙野総合会計事務所の小宮孝之氏に聞いた。​(最終回)


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c