menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【アウトソーシング】創業3年でM&Aを仕掛けたダイナミズム

Cover 4ff31292 5949 4b16 8555 be5aaea48481
画像はイメージです。

M&Aを繰り返し海外へ進出
創業18年でグローバル企業へ

 1997年1月に設立した人材派遣業を営むアウトソーシング<2427>は、2015年5月現在では国内企業グループ15社、海外企業グループ16社からなるグローバル企業に成長を遂げている。14年12月期の売上高は、00年当時の9.4倍、経常利益は7.4倍、従業員数は8.3倍へと事業拡大した。

■アウトソーシングの売上高および経常利益の変遷



■アウトソーシングの売上高および従業員数の変遷


 この成長エンジンとなったのがM&Aによる企業買収である。00年、一般労働者派遣事業会社のアクセントを買収。06年には子会社を通じて自動車開発エンジニアの派遣を行うヤマコエンタープライズを孫会社化(翌月、子会社により吸収合併)。同年、広島県にて自動車用部品の生産請負業務を行うサンケイ工業を子会社化。08年には兵庫県で建設機械の製造請負などを行うヤストモを子会社化。同年、アウトソーシングを存続会社として同業で大阪証券取引所上場のフリーワークと合併。09年2月には、九州地区をはじめ全国 10カ所の営業拠点を有するテクノスマイルと資本業務提携。同年5月、全国に33カ所の営業拠点を有しフルキャストセントラルを子会社化(同年6月に株式を追加取得しアウトソーシングセントラルに商号変更)した上、さらに同年8月業績悪化により自己破産を申し立てたアイゼックス・アルファから、メーカーの設計開発向け技術者派遣業務を譲り受け。

 同年11月には、電子機器・半導体分野および自動車分野を中心としたメーカーの研究・開発部門の請負・受託事業および同業務分野への技術者の派遣事業を行う聖翔を子会社化。同年12月には子会社を通じて技術者の採用コンサルティング事業を行うREVSONIC-ESを買収。10年3月には、子会社を通じて国内有数の半導体EDAベンダーであるアストロンを買収。同年9月には、輸送機器分野における生産アウトソーシングを手掛けるニッソーサービスを子会社化。11年9月には技術系ITアウトソーシング企業のGIMを子会社化。同年11月には、インドネシア、タイ、ベトナムなど東アジアを中心にした 7 カ国に 10 社の子会社および関連会社を持ち、19 拠点におよぶ幅広い事業展開を行うOSインターナショナルを子会社化。12年1月にはIT・通信分野に特化したシステムエンジニアサービス事業を行うアスカ・クリエイションを子会社化。13年1月には、日本電気のグループ会社で、各種のシステムやネットワークの構築・導入支援・保守等を優秀なシステムエンジニアの派遣業務などとともに行うコンピュータシステム研究所を子会社化。13年9月には、高周波アナログ回路の設計・施策を行うサンシン電機およびマレーシアで日系メーカー向けの電子部品を量産するSANSHIN(マレーシア)を子会社化し、進出していなかったマレーシアに拠点を設ける。14年1月には、インドにおいて主に日系企業以外の外資系企業を中心に、製造系生産アウトソーシングとIT系アウトソーシングサービスを展開するALP社および DATACORE社を子会社化。14年3月にはる国内有数のITスクール「KENスクール」を展開するシンクスバンクを、同年5月にはWEBソリューションビジネスを展開するネクシム・コミュニケーションズをそれぞれ孫会社化。同年12月には、全国10拠点にて各種大型プロジェクトへ建設関連技術者を派遣する共同エンジニアリングの持株会社、KDEホールディングスを子会社化。同年12月にはタイに進出する多くの日系大手電機メーカーに対して電子部品の製造・加工サービスを提供するCELCO (タイ)を孫会社化した。

アーカイブス

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

関連のM&Aニュース

アウトソーシング<2427>、ドイツのOrizon Holding GmbHを子会社化へ

アウトソーシング<2427>、米軍基地の空調・電気工事・修理をする米国法人を子会社化

アウトソーシング<2427>、リクルートグループのアウトソーシング事業会社を完全子会社化

アウトソーシング<2427>、アジア地域での大手給与計算代行事業会社とその子会社3社を買収

アウトソーシング<2427>、英国の公的債権の回収代行サービス会社らを子会社化

アウトソーシング<2427>、オーストラリアの大手人材会社を子会社化

アウトソーシング<2427>、チリの人材派遣会社およびBPO事業会社計5社を子会社化

アウトソーシング<2427>、英国のOracle製品コンサルタント派遣会社を子会社化

アウトソーシング<2427>オーストラリアのIT向け人材サービス事業会社を子会社化

アウトソーシング<2427>、建設関連技術者派遣の持株会社を子会社化。

アウトソーシング<2427>、ネクシムコミュニケーションズを孫会社化。

アウトソーシング<2427>、サンシン電機及びSANSHIN(MALAYSIA)SDN.BHD.の株式の取得(子会社化)を発表。

アウトソーシング<2427>、OSインターナショナルの株式を取得し子会社化。

アウトソーシングテクノロジー、GIMの株式を取得し子会社化。

アウトソーシング<2427>、ニッソーサービスを子会社化

アウトソーシング<2427>破産手続中のアイゼックス・アルファから事業譲受

NEXT STORY

【日本電産】積極的M&Aで成長する企業の歩みと今後

【日本電産】積極的M&Aで成長する企業の歩みと今後

国内企業によるM&Aを語る上で欠かせない日本電産。日本電産がM&Aの巧者である理由について検証したい。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344