M&Aを繰り返し海外へ進出。創業18年でグローバル企業へ

 1997年1月に設立した人材派遣業を営むアウトソーシング<2427>は、2015年5月現在では国内企業グループ15社、海外企業グループ16社からなるグローバル企業に成長を遂げている。14年12月期の売上高は、00年当時の9.4倍、経常利益は7.4倍、従業員数は8.3倍へと事業拡大した。

 この成長エンジンとなったのが、同社のM&Aによる企業買収である。

2000-2010年までの買収

 2000年、一般労働者派遣事業会社のアクセントを買収。06年には子会社を通じて自動車開発エンジニアの派遣を行うヤマコエンタープライズを孫会社化(翌月、子会社により吸収合併)。同年、広島県にて自動車用部品の生産請負業務を行うサンケイ工業を子会社化。08年には兵庫県で建設機械の製造請負などを行うヤストモを子会社化。同年、アウトソーシングを存続会社として同業で大阪証券取引所上場のフリーワークと合併。09年2月には、九州地区をはじめ全国 10カ所の営業拠点を有するテクノスマイルと資本業務提携。同年5月、全国に33カ所の営業拠点を有しフルキャストセントラルを子会社化(同年6月に株式を追加取得しアウトソーシングセントラルに商号変更)した上、さらに同年8月業績悪化により自己破産を申し立てたアイゼックス・アルファから、メーカーの設計開発向け技術者派遣業務を譲り受けた。同年11月には、電子機器・半導体分野および自動車分野を中心としたメーカーの研究・開発部門の請負・受託事業および同業務分野への技術者の派遣事業を行う聖翔を子会社化。同年12月には子会社を通じて技術者の採用コンサルティング事業を行うREVSONIC-ESを買収。10年3月には、子会社を通じて国内有数の半導体EDAベンダーであるアストロンを買収。同年9月には、輸送機器分野における生産アウトソーシングを手掛けるニッソーサービスを子会社化した。

2011-2014年までの買収

 2011年9月には技術系ITアウトソーシング企業のGIMを子会社化。同年11月には、インドネシア、タイ、ベトナムなど東アジアを中心にした 7 カ国に 10 社の子会社および関連会社を持ち、19 拠点におよぶ幅広い事業展開を行うOSインターナショナルを子会社化。12年1月にはIT・通信分野に特化したシステムエンジニアサービス事業を行うアスカ・クリエイションを子会社化。13年1月には、日本電気のグループ会社で、各種のシステムやネットワークの構築・導入支援・保守等を優秀なシステムエンジニアの派遣業務などとともに行うコンピュータシステム研究所を子会社化。13年9月には、高周波アナログ回路の設計・施策を行うサンシン電機およびマレーシアで日系メーカー向けの電子部品を量産するSANSHIN(マレーシア)を子会社化し、進出していなかったマレーシアに拠点を設ける。14年1月には、インドにおいて主に日系企業以外の外資系企業を中心に、製造系生産アウトソーシングとIT系アウトソーシングサービスを展開するALP社および DATACORE社を子会社化。14年3月にはる国内有数のITスクール「KENスクール」を展開するシンクスバンクを、同年5月にはWEBソリューションビジネスを展開するネクシム・コミュニケーションズをそれぞれ孫会社化。同年12月には、全国10拠点にて各種大型プロジェクトへ建設関連技術者を派遣する共同エンジニアリングの持株会社、KDEホールディングスを子会社化。同年12月にはタイに進出する多くの日系大手電機メーカーに対して電子部品の製造・加工サービスを提供するCELCO (タイ)を孫会社化した。