menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【武田薬品工業】果敢なクロスボーダーM&Aで拡大

Cover 229add64 ce70 4114 a483 b45ca5a51544

画像はイメージです。

直近10年で約2兆円をM&Aに投資
クロスボーダーの大型案件の代表
 武田薬品工業<4502>のM&Aは、2008年に実施した買収価額約8,600億円の米ミレニアムや11年に実施した買収価額1兆円のスイスのナイコメッド社といったクロスボーダーの大型案件に代表される。最近10年で(買収資金が判明する案件だけでも)約2兆円をM&Aにつぎ込んだ。主力薬の特許が切れるという薬品会社にとって存続を脅かす経営課題の解決のため、武田薬品工業が弱い欧州や新興国の事業強化のために積極的なM&Aを行っている。

■武田薬品工業の行った主なM&A

年月内容
2005.3子会社のエンバイロケミカルズなどを大阪ガス子会社に譲渡
2006.2ハウス食品と飲料・食品事業に関するハウスウエルネスフーズを設立(出資比率34%)
2007.3英国のバイオベンチャーであるパラダイム・セラピューティックを買収
2007.10ハウス食品とのハウスウエルネスフーズをハウス食品に譲渡
2007.11住化武田農薬株式を住友化学へ譲渡
2008.2米国のAmgenが保有しているがん、炎症、疼痛などの疾患領域における臨床開発品目に関するライセンス契約を締結し、Amgenの100%子会社であるアムジェンの株式を取得
2008.4日立製作所との合弁会社である日立インスファーマの株式を日立製作所に譲渡
2008.5子会社が米国バイオ医薬品会社Millennium Phamaceuticals(売上高558億円)の株式公開買付けを実施して8600億円で買収、その後吸収合併
2009.6関係会社が米国のバイオ医薬品企業であるIDM Phama(売上高3億円)に対して、株式公開買付けを実施、株式の86.4%を56億円で買収
2011.10欧州・新興国に強いスイスのNycomed(売上高3340億円)を1兆100億円で買収
2011.12がん領域の強化に向けて子会社が米国のIntellikineを150億円で買収
2012.6URL Phama(売上高480億円)を640億円で買収し、米国事業基盤と痛風領域フランチャイズを強化
2012.7ブラジルMultilab(売上高55億円)を200億円で買収
2012.10米国のLigoCyteを48億円で買収し、ワクチン事業を強化
2014.3子会社の成田分析研究所の全事業について、住化分析センターに事業譲渡
2015.2トルコにおける事業強化に向けたToplam Kaliteの買収を通じたNeutecからのポートフォリオの獲得(145億円)
2015.4水澤化学工業(売上高101億円)の全株式(54.2%)を43億円で大阪ガスケミカルに譲渡

M&Aによって海外展開の
大幅な加速に寄与している
 
武田薬品工業の売上高は、業績推移のグラフにあるように、緩やかに増加傾向にある(15年3月期の赤字の原因は、アクトスの訴訟費用約2,740億円を引当金計上したことによるものである)。

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【東京海上ホールディングス】積極果敢なクロスボーダーM&Aで海外売り上げ拡大

【東京海上ホールディングス】積極果敢なクロスボーダーM&Aで海外売り上げ拡大

国内の3大メガ損保の一つである東京海上ホールディングス。同社のM&Aの特徴は、2001年から翌年にかけての東京海上保険と日動火災保険の統合すなわち国内においての統合と、その後におけるクロスボーダーM&Aにある。近年加速させているクロスボーダーM&Aを中心に見てみる。


注目の記事

Thumb 14c917aa 14f0 4cd1 a536 f6e399afd093

ソレキアの敵対的TOB ホワイトナイトに富士通登場 漁夫の利を得た一般株主

ジャスダック上場のシステム開発会社ソレキアは、フリージア・マクロス会長の佐々木ベジ氏に敵対的TOBを仕掛けられた。ホワイトナイトとして富士通が登場し、敵対的買収は阻止されたが、ソレキア株は急上昇し株主は漁夫の利を得た。

Thumb d5fd8cbc 4e0b 42d6 b4b0 e36ecbd4441c
Thumb 1f041f3b 625d 4477 9787 5e33b8e5c175
Thumb ed24d32d 314b 436d 9162 9042c662b25c