M&A速報

三菱商事<8058>、不動産運用子会社「MC-UBSR」を米KKRに譲渡

2022/03/17
alt
東京・丸の内で

三菱商事は17日、不動産運用の合弁子会社である三菱商事・ユービーエス・リアルティ(MC-UBSR、東京都千代田区)の全保有株式51%を、米投資ファンドKKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)傘下の76(東京都千代田区)に1157億円で譲渡すると発表した。事業構成の入れ替え・強化の一環で、不動産運用事業では今後、私募REIT(不動産投資信託)、私募ファンド、海外運用事業を主な成長領域とするとしている。譲渡予定は4月。

MC-UBSRは2000年に三菱商事とスイスUBS Asset Management AGが合弁で設立し、J-REIT(日本版不動産投資信託)市場で運用事業を展開してきた。KKRは今回、UBS側が保有する残る49%の株式も取得することにしている。

MC-UBSRが運用を受託する日本都市ファンド投資法人と産業ファンド投資法人の運用資産残高は約1兆7000億円まで拡大し、上場REITの運用では業界最大級に成長している。

M&Aデータベース

関連の記事

関連のM&Aデータベース

No. 開示日 買い手 対象企業・事業 売り手 業種 ▽ スキーム ▽ 取引総額(百万円) ▽ タイトル
1
2017年3月16日
Thai Chemical Corporation Ltd
1,217
2
2016年11月2日
Penn West Petroleum Ltd.
Cordova Gas Resources Ltd.
非公表
3
2014年12月18日
(株)ディーライツ
非公表
4
2014年9月30日
(株)成城石井
36,420
5
2013年3月18日
キリン協和フーズ(株)
30,500
6
2013年1月18日
株主
17,655

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5