menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【サイバーエージェント】盤石なベンチャー企業の挑戦と変貌とは?

Cover 9b2bb323 ff18 4abf ad24 592fb9bd4c5b
画像はイメージです。

ブログサービスAmebaを主力事業とし
売上高2000億円、東証1部上場へ成長
 サイバーエージェント<4751>は1998年にインターネット広告事業を展開する企業として設立された。インターネットバブルの波に乗り2000年3月に東証マザーズに上場するも、直後にバブルが崩壊した結果、業績が悪化、00年9月期は大幅に赤字を計上している。04年9月期に初めて営業利益の通期黒字化を達成する。04年にブログサービス「Ameba」を主力事業とし、現在ではこのほかにインターネット広告事業、スマートフォンゲーム事業、メディアその他事業、投資育成事業、新規事業などを展開するまでとなり、売上高は2,000億円超に成長。14年には東証1部に市場変更した。

■サイバーエージェントの行った主なM&A

年月 内容
2004.2 インターネットビジネスでの業容拡大のため、インターネット上での結婚総合情報サービスを提供するイー・ベント(売上高5400万円)の株式100%を買収
2004.8 インターネットビジネスでの業容拡大のため、プライベートブランド商品を主軸としたオンラインショッピングを提供するディーバ(売上高2億7400万円)の株式100%を9000万円にて買収
2004.8 インターネットビジネスでの業容拡大のため、中国茶を専門とするオンラインショッピングを提供するトランスワークス(売上高6400万円)の株式100%を1億1000万円にて買収
2005.8 金融事業の足掛かりとして、ジェット証券の株式18.11%を第三者割当増資引受により8億3000万円にて取得
2005.12 電通グループとのモバイルマーケティング分野における業務・資本提携のため、シーエー・モバイルの株式5.6%を電通ドットコムに、5.6%をサイバー・コミュニケーションズに譲渡
2006.3 モバイル広告市場拡大を目的としてNTTドコモとの業務・資本提携のため、シーエー・モバイルの株式10%を18億円にてNTTドコモに譲渡
2006.12 モバイルメディア事業強化のため、連結子会社がニュース・サービス・センターの株式71.5%を1億3500万円で買収し、出資比率が77.2%に
2009.9 連結子会社であるジークレスト(売上22億2600万円)の株式40.72%を14億2400万円にて追加取得し、完全子会社化
2012.5 連結子会社であるVOYAGE GROUP(売上79億2800万円)のMBOによる独立のため、株式62%をポラリス・キャピタル・グループに譲渡し、出資比率が10.7%に
2012.12 連携強化を目的としてディー・エヌ・エーとの業務・資本提携のため、Cygamesの株式22.11%をディー・エヌ・エーに譲渡し、出資比率が74.04%に
2013.1 事業の選択と集中という観点から、連結子会社であるサイバーエージェントFX(売上84億9800万円)の株式100%をヤフーに210億円にて譲渡
2014.11 エンターテインメント事業強化のため、エイベックス・グループ・ホールディングス株式の4.4%を31億5400万円にて買収

M&Aに積極的ではないものの
大手企業との資本提携により事業拡大
 
インターネット関連事業を展開する企業は、旧・ライブドアを筆頭に総じてM&Aで事業を拡大してきた印象があるが、サイバーエージェントはM&Aに対して積極的ではないことが上記の年表からうかがえる。04年に3社を買収し経営権を取得しているが、それ以降は経営権を取得するM&Aは行われていない。これは、同社創業者で代表取締役社長の藤田晋氏が、創業当初より「自らで事業を立ち上げ、自力で成長する」方針で事業拡大してきたことが影響している。

 一方で、事業の強化を目的とした資本業務提携は積極的に行っている。NTTドコモやディー・エヌ・エーといったプラットフォームを提供する企業との提携や、電通グループ、エイベックス・グループ・ホールディングスと、それぞれの業界の最大手との提携を行うことで自社の事業強化を図っている。サイバーエージェントは、今後もM&Aではなく大手企業との資本提携により事業を拡大する方針を取り続けることが見込まれる。

アーカイブス

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【短期集中連載】本音ベースで語る日本のM&A~佐藤明夫弁護士インタビュー~(第1回)

【短期集中連載】本音ベースで語る日本のM&A~佐藤明夫弁護士インタビュー~(第1回)

短期集中連載開始! 第1回は「PMIができないならばM&Aをすべきではない」。多数の大型案件に関わり、M&Aアドバイスで豊富な実績を持つ佐藤総合法律事務所代表である佐藤明夫弁護士が語る。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344