「つぼ八」から自社ブランドの「和民」へ
順調に東証第1部、2部上場を果たす
 ワタミ<7522>は、外食・介護・農業・環境などの事業を行うワタミグループを統括する持ち株会社である。始まりは1984年、「つぼ八」とフランチャイズ契約を締結した頃にさかのぼる。92年に自社ブランド居酒屋の「和民」を出店し、既に展開していた「つぼ八」の店舗を順次「和民」に切り替えていった。98年8月には東証第2部へ、2000年には東証第1部への上場を果たした。

■ ワタミの業績推移



 14年までは一貫して右肩上がりに売り上げを伸ばしているが、その売り上げも15年には減少する。ワタミのみならず、総合居酒屋チェーンが総じて厳しい経営状態に立たされることになったのだ。要因としては若者の居酒屋離れ、飲み会の減少、コンビニ、ファミレスといった競合の台頭などが原因として挙げられる。

 経常利益を見ると13年度をピークに大きく減少している。ブラック企業という烙印(らくいん)を押された影響もあり、客足が遠のくとともに大幅な減少が見て取れる。ワタミは、赤字脱却を目指し、14年には100店舗、15年には85店舗を閉鎖し、収益確保に急いだ。

 総合居酒屋として運営してきたワタミも、徐々に専門性の高い居酒屋業態の開発に力を入れる。専門性の高い居酒屋業態は客足が軽いことが要因にあるようだ。現在、ワタミの展開する外食業態は、11業態に分かれており、中でも新業態の売り上げはいずれも好調のようだ。しかし、9割程度を「和民」などの総合居酒屋が占めるため、新業態の効果が大きく出るのはまだ先になりそうだ。