三菱商事の子会社で鉄鋼製品を製造するメタルワンは、持ち分法適用関連会社であるエムオーテックの株式をTOB(株式公開買い付け)により追加取得する。エムオーテックが賛同の意見を表明した。メタルワンは現在同社の株式41.50%を保有しているが、完全子会社化を目指す。TOB成立後、エムオーテックは上場廃止となる。

買付価格は1株あたり265円で、公表前営業日の終値191円に対して38.7%のプレミアムを加えた。買付予定数は1043万4688株で、買付総額は27億6500万円。買付期間は2012年12月21日から2013年2月13日まで。決済の開始日は2013年2月20日。

エムオーテックは国内建設投資の現象や受注競争激化などにより業績が悪化。メタルワングループと協業し競争力の強化が必要であると判断。メタルワンは完全子会社化により意思決定の迅速化を進め、顧客基盤や拠点網を相互活用するなどしてシナジー創出を図る。