小林製薬は、医療機器の輸入・製造販売を行う完全子会社の小林メディカル(大阪市。売上高89億6000万円。営業利益6億2800万円。純資産21億9000万円)の株式のうち80%を総合商社の三菱商事(東京都千代田区。純資産3兆5200億円)に譲渡し子会社化することを決議した。

小林メディカルは外科、呼吸・麻酔、整形外科の各領域などの医療現場で使用される医療機器を取り扱い、専門性の高い事業展開をしている。国内外において医療機器・材料の販売や調達支援ほか幅広い事業展開を行う三菱商事に株式を譲渡することで、高度な専門性をもつ小林メディカルの医療機器市場におけるさらなる成長を狙う。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2012年5月31日。