小林製薬は、医療機器の輸入・製造販売を行う小林メディカル(大阪市。売上高89億6000万円、営業利益6億2800万円、純資産21億9000万円)を三菱商事に譲渡することを決議した。現在100%を保有する株式のうち80%を譲渡する。譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2012年5月31日。

小林製薬は医療機器の輸入販売部門を2010年に分社し小林メディカルを設立した。現在、小林メディカルは外科、呼吸・麻酔関連、整形外科などで使用される高度な医療機器を取り扱っている。譲渡先の三菱商事グループは国内外で医療機器・材料の販売や調達支援など幅広く事業展開をしており、小林製薬は譲渡により小林メディカルが一層の成長を目指すことができると判断した。