三菱重工業(株)(以下「三菱重工業」)は、ドイツのシーメンス(Siemens AG)との間で、連結子会社である三菱日立製鉄機械(株)とシーメンスの製鉄機械事業を分割・集約することにより、合弁会社を設立することを発表した。

三菱重工業は、シーメンスとの合弁会社設立について、製鉄機械事業における製品ラインナップの拡充とグローバル展開を加速するのが狙いで、新会社は製鉄プロセスの上流から下流までをカバーする製品をフルラインで供給する体制の整備と全世界を網羅する事業ネットワークの構築に取り組むことにより、顧客に対し、より付加価値の高い製品・サービスを提供することを目指すとしている。

事業譲渡価額は非公表。

事業開始予定日は2015年1月。