LEOCの代表取締役社長が代表を務める小野寺事務所(東京都渋谷区)は、LEOCに対して株式の非公開化を目的にTOB(株式公開買い付け)を実施することを決議した。議決権ベースで66.67%の株式取得を目指す。LEOCはTOBに賛同を表明している。

LEOCはこれまでM&Aなどで事業規模を拡大してきたが、給食業界は仕入れ価格の上昇や国内景気の低迷などで事業環境が厳しさを増している。将来的な企業価値の向上のため、経営管理体制の構築や物流・教育への投資を積極的に行うため、MBO(経営陣による買収)により株式を非公開化することが最善と判断した。

TOBの買付価格は1株あたり500円。TOB公表前営業日まで1カ月間の対象株式の終値平均値140円に対して256.4%のプレミアムを加えた。

TOBの買付予定数は919万3000株で、買付予定額は45億9000万円。

公開買付期間は2008年10月22日から12月4日までを予定している。