ハイブリッドで成長し、電気自動車で取り残される「日の丸電池」

alt

本格的な電気自動車(EV)時代を迎え、日本経済にとって新たな「懸念材料」が浮上してきた。EVの基幹部品となるリチウムイオン電池の動向だ。かつては世界の車載電池市場を席巻した日本勢に急ブレーキがかかり、中国・韓国勢に追い越されている。なぜ、こんなことになってしまったのか。

世界市場で存在感が低下するパナソニック

韓国調査会社のSNEリサーチによると、2020年の同市場トップは中国CATL(寧徳時代新能源科技)。シェアは対前年比2ポイント減の26%ながら、トップを守った。2021年には再びシェアを伸ばし、30%に達すると予測されている。

2位は韓国のLGエナジーソリューションで、同12ポイント増の25%と大幅にシェアを伸ばし、CATLに1ポイント差まで詰め寄った。2021年も28%にシェアを伸ばすと予想され、トップをうかがう。

3位はパナソニック<6752>で、同5ポイント減の17%に伸び悩んだ。主要顧客である米テスラからの受注を、CATLやLGに奪われたのが響いた。上位2社に比べて増産計画が立ち遅れているのもネックで、2021年には13%にシェアを落とすと予想されている。

2019・2020年の自動車用リチウムイオン電池世界シェア(単位:%)

順位 メーカー名 国籍 2019年 2020年 2021年
(予測)
CATL 中国 28 26 30
LGエナジーソリューション 韓国 13 25 28
パナソニック 日本 22 17 13
BYD 中国 8 6 5
サムスン 韓国 6 7 7

NEXT STORY

2021年のEV世界販売台数は1000万台に迫る可能性も

2021年のEV世界販売台数は1000万台に迫る可能性も

2021/07/04

EV Salesによると、2021年1−4月のEVとPHVの世界販売は前年同期比約2.7倍の151万9566台だった。単純計算では年間販売台数は3倍の455万8698台となる。これでも過去最高のペースだが、実際はさらに上振れしそうな勢いだ。

関連のM&Aニュース