日本電気(株)(以下「NEC」)は、中国万向集団グループ・A123 Systemsの電力会社向けおよび企業向け大規模・大容量蓄電システムのシステムインテグレーション(SI)事業部門(A123 Energy Solution)を買収する。6月からNECのもと新会社「NEC エナジーソリューションズ」として、事業を開始する予定。

本買収によりNECは、電力会社向け蓄電システム事業で世界トップクラスとなり、顧客のニーズにあったシステムを構築するA123 Energy Solutionsの蓄電SI力と、NECのICTにおけるグローバルかつ総合的なSI力やリチウムイオン電池のコスト競争力を組み合わせることで、蓄電システム事業を強化するとのこと。また、A123 Energy Solutionsが持つ電力会社および企業の顧客基盤とNECの通信事業者、企業、官公庁などの顧客基盤を融合することにより、スマートエネルギー事業の広範かつグローバルな展開を強力に推進するとしている。

事業譲渡価額は約102億円(約1億米ドル)

事業譲渡予定日は非公表。

※1米ドル=102.255円で換算。