マック&シルバニアファミリーだけじゃない!コロナ禍の外食救う「キャラクターコラボ」

alt
女の子に人気の「シルバニアファミリー」とコラボしたハッピーセットでファミリー層を狙う

「キャラクターが外食産業を救う」-新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による来店客の減少で、ますます追い詰められている外食産業。その苦境を救うと期待されているのがキャラクターグッズ。日本マクドナルド(東京都新宿区)は2021年4月16日から、エポック社(東京都台東区)とのコラボレーションでハッピーセット「シルバニアファミリー」の提供を始めた。女の子に人気のキャラクターグッズでファミリー層の集客を狙う。

シルバニアファミリーは1985年に発売された、うさぎの一家を中心に動物を擬人化した人形と、ミニサイズの家屋や家具などをセットにした玩具シリーズ。マクドナルドが提供するハッピーセットは、そのキャラクターグッズとハンバーガーやチキンマックナゲットなどのメインメニュー、サイドメニュー、ドリンクがセットになった子供向けメニュー。

今回は玩具量販店の日本トイザらス(川崎市)ともコラボし、ハッピーセットのレシートをトイザらスに持参すると「シルバニアファミリー おでかけゲーム 」をプレゼントする。日本マクドナルドにとってはハッピーセットの販売増に、日本トイザらスにとっては実店舗への集客につながる。

マクドナルドのハッピーセット(都内店舗)
マクドナルドのハッピーセット(都内店舗)

日本マクドナルドでは男の子向けにタカラトミー<7867>とコラボして、ミニカーの「トミカ」をセットにしたハッピーセットも同日から発売。毎年春に発売される「定番」のハッピーセットだが、コロナ禍の今回は消防署や店舗といった建物や道路などの付属アイテムを初めて付けるなど内容を充実させた。

外食産業ではコロナ禍での集客を狙ったキャラクターとのコラボが盛んに実施されている。ゼンショーホールディングス<7550>では3月8日から4月20日まで、アニメ映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開に合わせ、傘下の「すき家」「なか卯」「はま寿司」「ココス」「ビッグボーイ」で、エヴァンゲリオンとのコラボキャンペーン「外食5チェーン共同作戦」を実施した。

すき家は「エヴァンゲリオン」主人公の碇シンジとコラボ(同社ホームページより)

NEXT STORY

キャラクタービジネスM&Aの可能性/ バンブルマン 阿草祐己【スタートアップの肖像<1>】

キャラクタービジネスM&Aの可能性/ バンブルマン 阿草祐己【スタートアップの肖像<1>】

2018/08/24

2017年2月、キャラクターおよび物語の企画原案・開発・制作、その輸出入・ライセンスビジネスを手がけるユニークなベンチャーが誕生した。社員3人のバンブルマン株式会社だ。キャラクタービジネスにおいてM&Aによる事業拡大はあり得るのか。

関連のM&Aニュース