2021年のEV世界販売台数は1000万台に迫る可能性も

alt

電気自動車(EV)情報サイトのEV Salesによると、2021年1〜4月のEVとプラグインハイブリッド車(PHV)の世界販売は前年同期比で約2.7倍の151万9566台だった。続く5〜8月と9〜12月も同じ販売台数だとすれば、年間販売台数は151万9566台☓3=455万8698台となる。これでも過去最高のペースだが、実際はさらに上振れする可能性が高い。なぜか。

今年のEV世界販売は800万〜1000万台か

1-4月販売台数
通年実績
通年倍率
2020年 570,705 3,124,793 5.48
2021年 1,519,566
増加率(倍) 2.7

EV(PHV含む、以下同)販売の成長率は右肩上がりだからだ。2020年のEV年間世界販売台数は、同年1−4月実績の約5.48倍に当たる312万4793台だった。これを2021年1〜4月実績に当てはめると、年間世界販売台数は151万9566台☓5.48=832万7221台となる。

一方、今年1〜4月実績は前年1〜4月の約2.7倍なので、こちらを前年の通年実績に当てはめると今年の年間世界販売台数は312万4793台☓2.7=843万6941台となる。

今年もEVの新車ラッシュは続く。米ゼネラル・モーターズ(GM)は2月に2022年型のシボレー「ボルトEUV」を投入し、「ボルトEV」もモデルチェンジした。今秋にはGMC「ハマーEV」を発売する。独BMWは6月2日に4ドアクーペEVの「i4」を投入した。日本車メーカーでも日産自動車<7201>がSUV(スポーツ多目的車)タイプEV「アリア」の発売に乗り出す。

4月に最も売れたEVは、2万9251台を販売した中国・上汽通用五菱の「宏光MINI EV」だった。2万8800人民元(約49万5000円)からという低価格モデルだけに、今後もEV世界販売を押し上げる可能性が高い。

4月単月の世界販売台数は39万2498台と、同月としては過去最高を記録した。前年同月(11万274台)の約3.5倍だ。年間成長率が4月と同じレベルなら、年間の世界販売台数は312万4793台☓3.5=1093万6775台と1000万台を突破する。

2021年通年のEV世界販売台数は455万8698台から1093万6775台の間、800万台前半が有力といったところか。新型コロナウイルスのワクチン接種が進んで世界経済が回復に向かう中、どこまでEVの販売が伸びるのか注目される。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

トヨタがレースでお披露目した「もう一つの水素車」は普及する?

トヨタがレースでお披露目した「もう一つの水素車」は普及する?

2021/06/30

「水素車」が話題だ。トヨタの豊田章男社長が2021年5月に開かれた「スーパー耐久シリーズ2021 第3戦 富士24時間レース」で水素エンジン車のハンドルを握り、話題になったのは記憶に新しい。しかし、「水素車」は水素エンジン車だけではない。