日本初のカジノ事業者に選ばれたクレアベストってどんな会社?

alt

日本で初めてカジノを含む統合型リゾート(IR)の事業者候補が決まった。和歌山県が2021年6月2日に発表した、カナダのクレアベストグループ(Clairvest Group Inc.)だ。実はこの会社、本命でもなくカジノ事業者でもない。同社はどんな会社で、なぜ和歌山県のIR事業者候補に選ばれたのか?

選ばれたのはカジノ会社ではなくPEファンド

クレアベストグループはトロントに本社を置く、プライベート・エクイティ・マネジメント(PEファンド、未公開株投資運営)会社。北米でゲーム業界をはじめとする幅広い業界に投資、南米では20カ所以上のカジノ開発に参加している。

日本では2017年にクレアベスト・ニーム・ベンチャーズ(東京都品川区)を設立し、和歌山県のほか、北海道苫小牧市や長崎県佐世保市などでIR事業者に名乗りを上げていた。同社は1987年の設立で、25億カナダドル(約2270億円)超の資金を運用している。

PEファンドと言えば、運用資産が2000億米ドル(約21兆9000億円)規模の米コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)や、アジア太平洋地区だけでも150億米ドル(約1兆6400億円、不動産投資を含む)を運用する米ブラックストーン・グループに比べると、かなり小ぶりなPEファンドだ。

事実、クレアベストグループは金融業界では中堅企業向けの投資会社とみられている。カジノの運営実績がないわけではないが、カジノ事業者と手を組み資金面で開発を支えるケースが多いという。

日本で初めてカジノ事業者として選ばれたのはPEファンド(写真はイメージ)

NEXT STORY

【セガサミーホールディングス】カジノ・IRシフトで進むM&A

【セガサミーホールディングス】カジノ・IRシフトで進むM&A

2019/05/16

セガサミーホールディングスは、大手パチスロ・パチンコメーカーのサミーと、大手ゲームメーカーのセガグループの持株会社。サミーセガを買収し、2004年10月に経営統合して設立された。M&Aで誕生した同社だけに、企業買収には極めて積極的だ。