NECは、米国のConvergys Corporation(オハイオ州。売上高約275億円、営業利益約30億9000万円)から業界大手の事業支援システム事業を取得することを決議した。

Convergys社は、実績のある事業支援システムと優れたサービスにより大手通信事業者の間で国際的に高い評価を得てきた。NECは今回の子会社化により約2500名の人材と世界で150社以上の顧客を有する同社の事業支援システムを取り入れることにより、世界各地の通信事業者の課金管理、顧客サポート管理、利用料収入管理などの次世代の基盤を作ることを目指す。取得後の同事業の運営は、NECが2008年に子会社化した米NetCracker Technology Corporation(マサチューセッツ州)が一体的に行う。

取得価額は約376億円。取得は2012年4月~6月期に完了予定。